シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
内野聖陽
『臨場 劇場版』
倉石はロマンでもあり憧れでもある!
『臨場 劇場版』内野聖陽単独インタビュー

取材・文:平野敦子 写真:吉岡希鼓斗

舞台だけでなく、映画やドラマに引っ張りだこの内野聖陽がクセのある検視官を演じて好評を博したテレビドラマ「臨場」が、映画『臨場 劇場版』となって帰ってきた。ドラマ版よりさらにスケールアップした今回の映画版でも、「死者の声を拾う」ことに集中したという内野。撮影初日から風邪をひいてくじけそうになった思い出や、検視官・倉石の魅力についてたっぷりと語り尽くした。

■全力投球で映画化に挑む!

Q:テレビドラマが映画化されると聞いたときの感想を教えてください。

作品に対するプロデューサー陣の思いがとても強かったので、その思いに倍返しで応えられるよう全力でやろうと思いました。自分もこの倉石というキャラクターがとても好きだったので、改めて彼を演じる喜びというものもひとしおでした。

Q:久しぶりにドラマの共演者たちと会ってみていかがでしたか?

ドラマでは半年ぐらい一緒にやっている仲間ですので、ヘンな緊張感なく映画の世界に入ることができてよかったです。ただ、緊張感のない、なれ合いのような緩い関係にはなりたくなかったので、そこは今回改めて気を付けた部分ですね。

Q:脚本を読んで、映画ではどのあたりに重点を置いてこの倉石という人物を演じようと思ったのでしょうか?

ドラマが終わってから数年がたっていますので、自分の中での倉石の年齢設定も高めのイメージでやったつもりです。あまり肩肘張ることなく、「人間倉石」が自然な形で出ればいいなと思いながら演じていました。

■撮影は寒さとの戦い

Q:この倉石という検視官を演じるにあたり、苦労したことは何ですか?

刑事や検視官たちの衝突や緊迫感は、テレビ版のときから大事にしてきたつもりです。映画でそのあたりを大変だとは思いませんでした。今回は、真冬のロケということもあって寒さとの戦いが一番大変でしたね。倉石のトレードマークともいえる衣装というのが、タンクトップにレザージャケットを引っ掛けるだけの軽装ですから。「衣装の選定を間違えたな……」と思いながら演じていましたよ(笑)。

Q:映画でも皆さんの息が白いのがわかりました。

12月に撮影がスタートしたものの本格的に始動したのは1月に入ってからで、2月に入っても続きましたから。雪が降っている中での撮影もありました。僕が演じた雨のシーンも2月の、しかも明け方の一番寒い時間帯で本当に死ぬかと思いましたよ(笑)。

Q:撮影中に風邪などはひかれなかったんでしょうか?

ひきました! 僕のクランクイン初日が、寒風吹きすさぶ中、海辺を歩くというシーンから始まったんですが、2月の冷たい海風にやられて、それだけで即風邪をひきましたから。「ヤバい、この撮影もたない……」と初日から思わされましたよ。倉石の衣装は胸の開いたものだったので、フリース生地で作った前掛けのようなものを本番スタートのかかる直前まで巻いていました。

■責任重大な検視官の仕事

Q:内野さんの視点から見た検視官・倉石の魅力、そして欠点は何だと思いますか?

死者の声を極限まで聞き取り、自分とは相容れない違和感を大事にして、そこで独自の捜査をやってしまうというところが魅力ですね。ただ、検視官の領域さえも踏み越えて、捜査を進めるという部分が彼の迷惑千万なところでもある。現場の刑事たちにしてみれば、検視官ながら刑事の捜査にまで首を突っ込んでくる倉石は、煙たい存在ですからね。

Q:検視官という仕事についてどう思いますか?

かなり精神的なプレッシャーが掛かる仕事だと思うんですよ。何百人単位で捜査員たちが動く警察の捜査にあって、最初のかじ取りをするのが検視官の仕事なわけですから。それが他殺であるのか、自殺、事故死、病死であるのかという見立てをするのは、実際かなり緊張を強いられるそうです。自分の見立て次第では、殺人犯が世に放たれてしまうかもしれないと考えると、非常に怖くて、責任の重い仕事だと思いますね。もの言えぬ死者のために戦う男ですから、ものすごいパワーが必要だと思います。

Q:倉石はそのような仕事のストレスをどうやって解消しているのでしょう?

やはり趣味のガーデニングですかね!? 彼がガーデニングをするという行為は、僕の中ではきちんとふに落ちているんです。やはり人間も生物の一つに過ぎないので、屍(しかばね)ばかりを見ていると生命の尊さや輝きというものを普通の人以上に強く感じるんじゃないかと思うんですよ。何千体というホトケさんを見ているからこそ、生きていることの素晴らしさというものを感じると思うので、彼は植物を自分の家や検視官室にたくさん芽吹かせているんじゃないでしょうか。

Q:倉石のような検視官にいてもらいたいですか?

倉石のような検視官がいてくれたら、苦しみながら生きていても、どこかに救いがあると思えるんじゃないかな。自分の中では、倉石義男という男にロマンを感じるというか、ある種の憧れもあるので。「世の中にこういう人がいてくれたら……」という思いでこの役に取り組んでいたような気がします。

■ラストシーンは観客に委ねる

Q:撮影現場でのエピソードを教えてください。若手の俳優陣に対し演技指導などもされましたか?

非常に意識の高いスタッフや共演者たちがそろっていたので、今回は自分が引っ張るというよりは、逆に引っ張ってもらった部分も多いです。若手の演技指導なんてあまりしませんが、「天下の警視庁鑑識課倉石班」としては、ビニール袋に遺留品を入れる動き一つにしても、ぎこちなさが出てはイカンのです。動きを滑らかにするにはただひたすらやるしかないですから、「これは百本ノックでやるしかないね!」と新入りの若手には言いましたね。彼らは撮影所の片隅で黙々とその動きをやっていましたよ(笑)。

Q:とても思わせぶりなラストシーンでしたが?

そこは映画を観ていただいた方の判断にお任せするという感じですね。

Q:本作の公開を心待ちにされている方々にメッセージをお願いします。

ドラマではあり得ないぐらい濃厚で、観客にもものすごい迫力でいろいろなことを突き付けていく作品になっています。この「臨場」の世界が好きな方には、ぜひ劇場で、映画ならではの醍醐味(だいごみ)を味わっていただきたいです。また僕自身、「臨場」を初めて観る方にも楽しんでいただけるように演じたつもりです。映画で初めてこの世界に触れる方にも、検視官の繰り広げる深い人間ドラマをぜひ楽しんでいただきたいと思います。

眼光鋭い検視官・倉石とは、ひと味もふた味も違う魅力を醸し出していた役者・内野。一つ一つの質問に丁寧かつ真剣に言葉を選びながら答える姿は、彼が生来持つ真面目さにつながっている。役者としてはベテラン中のベテランにもかかわらず、演技に対する姿勢はあくまでも謙虚でひたむきだ。ドラマファンの人にも、そうでない人にも内野が自信を持ってお薦めする『臨場 劇場版』を、スクリーンで楽しみたい。

映画『臨場 劇場版』は6月30日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 18日
  5. 『臨場 劇場版』内野聖陽単独インタビュー