シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
今週のクローズアップ 近代ミュージカル映画特集 映画化は成功?失敗?

 ミュージカルの映画化で、ミュージカルファン納得の映画に仕上がっている作品は、歌唱シーンを夢、または妄想として描いた作品か、低予算で作られた作品が多い。それはなぜか? 名作ミュージカルを豪華キャストで映画化した最新作『レ・ミゼラブル』の公開を前に、近代ミュージカル映画の賛否に迫った。

ミュージカル映画の歴史

 史上初の音声が付いた映画、いわゆるトーキーは、1927年に全米公開された『ジャズ・シンガー』というミュージカル映画だった。以降、1930年代から1950年代にかけてはジュディ・ガーランドジーン・ケリーといったスターが活躍し、『オズの魔法使』『雨に唄えば』といった名作ミュージカル映画が続々と誕生。その勢いは1960年代に入っても衰えることなく、『ウエスト・サイド物語』『サウンド・オブ・ミュージック』『マイ・フェア・レディ』とブロードウェイのミュージカルも続々と映画化されていった。

 しかし、1960年代も終わりに近付くと、ブロードウェイの低調などの影響でミュージカル映画はすっかり衰退。ヒットする確証のないジャンルとして、煙たがれるようになり、およそ30年間も表舞台から姿を消すことになる。その流れを変える原動力となったのは、1991年に全米公開された『美女と野獣』をはじめとするディズニーのアニメーション映画。そして、レニー・ゼルウィガーキャサリン・ゼタ=ジョーンズリチャード・ギアといった豪華キャストを配して制作され、2003年に全米公開された映画『シカゴ』が、アカデミー賞で12部門にノミネートされ、6部門で受賞するという快挙を達成。ミュージカル映画の可能性を確固たるものとし、現在まで続くミュージカル映画ブームに火を付けた。

 

史上初のトーキーとされる映画『ジャズ・シンガー』で主演を務めたアル・ジョンソン
Hulton Archive / Getty Images

 

『オズの魔法使』のワンシーン
Getty Images

歌唱シーンに“言い訳”で成功!『シカゴ』

『シカゴ』
2003年公開
監督:ロブ・マーシャル
出演:レニー・ゼルウィガーキャサリン・ゼタ=ジョーンズリチャード・ギアクイーン・ラティファほか

 ミュージカルを敬遠する人々は、突然歌い出すことに抵抗を感じていることが多い。『シカゴ』は、その点にうまい"言い訳"を付けたことで、ミュージカル映画が受け入れられるきっかけを作った作品だ。その"言い訳"とは、歌唱シーンを全て主人公ロキシー(レニー・ゼルウィガー)の空想としてしまったこと。現実世界の設定を雪が舞う真冬のシカゴとし、1980年代に建てられた実在の施設をモデルに留置場のセットを設営した一方、色彩豊かな空想世界を構築。ロキシーの身に着ける衣装にも、現実では肌色に近い色を、空想では鮮やかな色をと細部にまでこだわり、"歌わない現実世界"と"歌う空想世界"をはっきりと区別させた。その演出が、ミュージカル映画ブームの再来を呼び込んだのだ。

 『シカゴ』のほかにも、歌唱シーンに言い訳を付けたことで成功した映画には、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』『ドリームガールズ』『ヘアスプレー』がある。中でも、もともと歌手が主人公で、歌唱シーンへの"言い訳"が比較的容易だった『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』『ドリームガールズ』と違い、『シカゴ』『ヘアスプレー』の区別の仕方は秀逸。この2作品は、原作のミュージカルを超えた映画に仕上がっているといっても過言ではないだろう。

 

『シカゴ』!
(C) 2002 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.

 

ヴェルマ・ケリー役キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
(C) 2002 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.

ロキシー・ハート役レニー・ゼルウィガー
(C) 2002 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.
『シカゴ』ブルーレイ&DVDはハピネットより発売中

低予算で成功!『RENT/レント』『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』

『RENT/レント』
2005年全米公開
監督: クリス・コロンバス
出演:ロザリオ・ドーソンアダム・パスカルアンソニー・ラップウィルソン・ジェレマイン・ヘレディアトレイシー・トムズテイ・ディグスジェシー・L・マーティンイディナ・メンゼルほか

 

『RENT/レント』キャスト集結!
Paul Hawthorne / Getty Images

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
2001年全米公開
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
出演:ジョン・キャメロン・ミッチェルマイケル・ピットミリアム・ショアスティーヴン・トラスクほか

 

このインパクトがへドウィグ!
Jonathan Leibson / WireImage / Getty Images

 レントヘッド(「RENT」の大ファン)を自称する映画『ハリー・ポッターと賢者の石』(製作費:1億2,000万ドル)のクリス・コロンバス監督が、その3分の1にも満たない製作費4,000万ドルで映画化し、2005年に全米公開されたのが、映画『RENT/レント』。一方、ミュージカルを製作、主演したジョン・キャメロン・ミッチェルが自ら監督を務め、製作費600万ドル(推定)で製作したのが、映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』だ。

 舞台という限られた空間で上演され、限られた舞台装置により演出を施すミュージカルは、撮影したものを編集しあらゆる世界観を作り上げることができる映画と違い、多くの部分を、観客の想像に頼っている。そのため、映画化に際して莫大な予算を費やして壮大な世界観を構築されると、違和感を覚えるミュージカルファンも少なくない。『RENT/レント』『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』は、もともと物語の舞台が現代の簡素な街であったことも助けになって、ミュージカルそのままの世界観を、映画で表現することに成功している。

 また、この2作品には、極力ミュージカル版のキャストをそのまま起用したという共通点もある。『RENT/レント』には、ブロードウェイの主要オリジナルキャスト8名の内、個人的な理由で出演を辞退した2名以外の6名が同じ役で出演、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』には、ミュージカル版で主演を務めたジョンと作曲&出演したスティーヴン・トラスク、共演のミリアム・ショアが出演しているのだ。歌唱力も申し分なく、舞台で同じ役柄を何度も務めてきたキャストによる演技が、もともとのミュージカルファンの心を捉えたのは言うまでもない。

27年の歴史を持つ名作ミュージカル『レ・ミゼラブル』の映画化は成功したのか?

『レ・ミゼラブル』
2012年全米公開
監督:トム・フーパー
出演:ヒュー・ジャックマンラッセル・クロウアン・ハサウェイアマンダ・セイフライドエディ・レッドメインヘレナ・ボナム=カーターサシャ・バロン・コーエンサマンサ・バークス、アーロン・トヴェイト、イザベル・アレンほか

 映画『レ・ミゼラブル』は、歌唱シーンに“言い訳”を付けず、製作費6,100万ドルで製作されたハリウッドの大作映画だ。映画の基となった27年の歴史を持つ名作ミュージカルは、文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説が原作。1本のパンを盗んだ罪で19年間も監獄生活を送っていた主人公ジャン・バルジャンほか、数奇な運命に翻弄(ほんろう)された多数のキャラクターたちの人生が、めまぐるしく描かれていく。それを、2時間38分の映画に収めるにあたり、歌唱シーンにいちいち“言い訳”を付けることが不可能だったことは、容易に想像できる。また、アカデミー賞で12部門にノミネートされ4部門での受賞を果たした映画『英国王のスピーチ』トム・フーパー監督がメガホンを取った本作に、豪華キャストや製作費が集まらないわけもない。

 基本的にはブロードウェイやウエストエンドに行かなければ観ることができないミュージカル。その上、上演される作品が次々と変わるミュージカルの世界では、名作であっても、終演を迎える日は必ず来る。そのため、ミュージカル作品の映画化は、その作品を手に取りやすい形で後世に残すという点において、とても意義のあることだ。ヒュー・ジャックマンアン・ハサウェイアマンダ・セイフライドヘレナ・ボナム=カーターサシャ・バロン・コーエンという役者がいたこの時代に、名作を残してくれたことを、うれしく思う。

 また本作では、歌唱シーンにミュージカルファンの心をつかむ、ある工夫が施されている。それは、ミュージカル映画では、事前に歌を収録し、それに口を合わせて演技をするのが主流となっている中、キャストたちが演じながら歌った生の歌声にこだわったという点だ。そのこだわりが功を奏し、映画『レ・ミゼラブル』は、一曲一曲に、名作ミュージカルの映画化に懸けたスタッフ、キャストの魂が感じられる作品に仕上がっている。名作ミュージカルを劇場で観賞できるこの機会に、「レ・ミゼラブル」の世界観を堪能してほしい。

トム・フーパー監督に「ジャン・バルジャンを演じるのはヒュー・ジャックマンしかいない」と言わしめたヒュー・ジャックマン!
(C) Universal Pictures

 

ジャン・バルジャンを執拗に追いかける警官ジャベールを演じたのはラッセル・クロウ!
(C) Universal Pictures

 

アン・ハサウェイの歌う「夢やぶれて」は必聴!
(C) Universal Pictures

 

恋模様にも注目!
(C) Universal Pictures

 

革命!
(C) Universal Pictures

文・構成:シネマトゥデイ編集部 島村幸恵
[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク