シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
第85回アカデミー賞授賞式の司会者セス・マクファーレンを直撃!マルチな才能を持つダンディーなコメディアン

今年のアカデミー賞授賞式の司会がセス・マクファーレンと発表されて、アメリカでも「誰?」と思った人が少なくなかった。アメリカのお茶の間で人気のお笑いアニメ番組「ファミリー・ガイ」の製作、脚本、声優だと説明されて、初めてピンと来るといった感だ。映画『テッド』の製作・監督・クマのぬいぐるみの声も担当した人というとわかりやすいだろう。最近では、米コメディー番組「サタデー・ナイト・ライブ」の司会を務め、七色の声でさまざまな役を演じ分けたり、ミュージカル風に歌って注目を浴びた。その上彼が歌ったアルバムは、なんとグラミー賞にノミネートされ、裏方から一躍スターに。そんなセス・マクファーレンとは一体どんな人物なのか……? アカデミー賞ノミネーション発表直後に、アカデミー賞のプロデューサー、クレイグ・ゼイダンニール・メロン、アカデミー会長のハワード・W・コッチ・Jr氏が、彼を抜てきした理由を明かすと同時に、大役を務めることになり「時の人」となったマクファーレンが現在の心境を語った。(取材・撮影・文:こはたあつこ)

アカデミー賞の司会は“しらふ”でも楽しめる最高のお仕事!?

第85回アカデミー賞
第85回アカデミー賞のノミネーションにエマ・ストーンと共に登壇したセス・マクファーレン/ABCBob D'Amico

Q:『テッド』の曲が歌曲賞にノミネートされましたね。おめでとうございます!音楽を担当されたウォルター・マーフィーとは話しましたか。

セス・マクファーレン(以下セス):いや、まだなんだ。でも会ったら、彼は飲めないからコークで祝うつもりだ。……あ、コークって、もちろんコカインじゃなく飲み物のことだよ(笑)。

Q:司会をオファーされたときの第一声は?

セス:自分の名前が挙がるなんてびっくりだ。「こりゃ、しらふでも楽しめる最高の仕事じゃないか!」と大いに興奮したよ(笑)。

第85回アカデミー賞
ノミネーション会場でのプロンプター。これをセスとエマが読んでいる

Q:プレッシャーはありましたか?

セス:もちろん、ありありだよ。近々ビリー・クリスタル(※昨年の司会者)に電話をして、アドバイスをもらうつもりだ。自分なりにベストを尽くして、批判を気にすることなく楽しもうと思っているよ。

Q:授賞式で歌うご予定は……?

セス:オープニングもショーの流れもまだ決まっていない状態で、まだ検討中なんだ。自分がオスカー史上最高の大失敗をやらかした! なんてことにならないよう、いろいろ考えちゃうよ。

第85回アカデミー賞
司会者に決まった感想を聞かれ、マシンガントークさく裂のセス

Q:セスさんにとって、一番印象に残っているオスカーは?

セス:毎年とは言わないけれど、よく観ていたよ。母はオスカーの大ファンなので、毎年欠かさずね。一番印象に残っているシーンは、ジュリエット・ルイスの頭に沿った編み上げのヘアスタイルだ(笑)。それにしても、アカデミー賞が嫌いという人を見たことがない。僕もファンだし。だから、今回の司会を務められることになって信じられないほど光栄だよ。

きわどいジョークを入れつつも、質は死守します!

[第85回アカデミー賞
アカデミー事務局のロビーにて。左からプロデューサーのニール・メロン&クレイグ・ゼイダン、セス・マクファーレン、アカデミー会長のハワード・W・コッチ・Jr。この上の階でノミネーション発表が行われた

Q:プロデューサーのクレイグ・ゼイダン、ニール・メロンさんに伺います。なぜセスを司会者に抜てきされたのでしょうか?

ニール・メロン(以下ニール):若い世代に受けるし、面白いし、カリスマ性もある。

セス:へぇ~。

ニール:(笑)。それにチャーミングだし、ダンディーでクラシックな雰囲気なのに話すことは今風という、まさに21世紀にふさわしい司会だと思ったよ。

[第85回アカデミー賞
「チャーミングでダンディー」と、セスをベタ褒めするプロデューサーのニール・メロン

クレイグ・ゼイダン(以下クレイグ):会長とニールと僕の3人で毎日司会を誰にしようかと悩んでいたんだ。で、セスの名前が挙がったら3人とも興奮して、ぜひ会ってランチをしようということになった。

セス:そのとき、僕の事務所はゴミだらけで……(笑)。

クレイグ:じゃあ、きっと猛スピードで片付けたんだね。行ったときは、きれいになっていたよ。よっぽどこの仕事が欲しかったんだね(笑)。

[第85回アカデミー賞
セスのおとぼけジョークに、絶妙の返しで応えたプロデューサーのクレイグ・ゼイダン

ニール:いろいろな人から、「セスを司会に起用するのが不安じゃない? きわどいジョークが出そうだけど」と言われるけれど、初めてセスと会ったとき、こう言ってくれたんだ。「僕はアカデミーを尊敬している。候補者たちも、映画業界も。だから、それをけなすようなジョークは絶対に言わない。もちろん今の世代に受けるようなとんがったジョークを入れるつもりだけど、アカデミー賞のメンツや質はちゃんと守りたい」と。それを聞いたとき、「彼に決まりだ」と思ったよ。

Q:アニメ番組の仕事とオスカーの司会準備と同時進行で大忙しなのでは?

セス:いや、ヒマでしょうがないんだ(笑)! っていうのは冗談だけど、素晴らしいチームのおかげで別の仕事をしていても、うまく回るようになっている。ただ、今はオスカーの司会が一番のプライオリティーだ。

[第85回アカデミー賞
アカデミーの会長ハワード・W・コッチ・Jr

ニール:アカデミー賞のディレクターのドン・ミッシャーは「今までさまざまな授賞式に関わってきたけど、司会が製作スタッフとの打ち合わせに毎回出るなんて前代未聞だ」と。実際にセスはデザイナー、ライターと、すべてのスタッフと打ち合わせをしているよ。それも、ちょこっと顔を出すだけじゃなく、平気で4時間とかみっちりね。

セス:本当は打ち合わせ中、こっそりアングリーバード(モバイルゲーム)をやっているんだけどね(一同爆笑)。

Q:オスカーの司会を務めるとなると一躍有名人になりますが、それは計画していたことですか?

セス:有名になるといったことは考えないよ。仕事は「面白いかどうか」で決めるから。

批判上等!? 政治絡みのジョークにツイッターでは賛否両論

[第85回アカデミー賞
“エブリバディ・ニーズ・ア・ベスト・フレンド”で歌曲賞にノミネートされたセス・マクファーレンの監督作『テッド』。全米では、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』をしのぐ大ヒットを記録した/(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS.All Rights Reserved. / Tippett Studio

Q:セスさんは批評を気にしないとおっしゃっていましたけど、今朝のツイッターでは、さきほどのノミネーション発表時のセスさんのヒトラーのジョークに対して、賛否両論の意見が多数あります。

セス:ヒトラーも分裂症ぎみだからね(一同爆笑)。まあ、どんな番組でも、必ずたたかれるジョークはあるものだよ。でも、何がたたかれるかなんて前もって予想できない。でも、アカデミー賞ではなるべくそうならないよう努力するつもりだよ。僕が手掛けたテレビアニメ「ファミリー・ガイ」や映画『テッド』は、両方ともアメリカの昔ながらのドラマ形式の中に、今の世代に受けるジョークを入れたものだ。アカデミー賞でもそういうコンセプトでいきたいね。

[第85回アカデミー賞
5部門ノミネートされた『007 スカイフォール』。ニールがチラリと明かした、シリーズ50周年記念にちなんだ企画に乞うご期待!/Skyfall (C) 2012 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

Q:プロデューサーのお二人は、『フットルース』『ヘアスプレー』『シカゴ』といった映画や、ブロードウェイのゴージャスな舞台を手掛けられていますが、今年のオスカーもゴージャスになりそうですか?

クレイグ:もちろんだよ。オスカーは「ゴージャス」の代名詞みたいなものだからね。でも同時に笑いもあって、エンタメ性の高いものにしたいと思っている。

ニール:ゴージャスと言えば、『007』シリーズの50周年記念にちなんだ企画も考案中なんだけど、それはまた別の機会に発表するよ。

会長が明かすアカデミー賞の最大の魅力

[第85回アカデミー賞
毎年ゴージャスかつサプライズ満載の演出が徹底されるアカデミー賞授賞式 / Matt Brown (C)A.M.P.A.S.

Q:会長に伺います。若い世代に見てもらうためにはどうしたらいいですか?

ハワード・W・コッチ・Jr(以下ハワード):良作を作ることだ。今年の作品賞候補になった9作品の多くがアメリカ国内で1億ドル以上の興行収入を出した娯楽大作だから、今年は楽しくなるんじゃないかな。それに、セスが司会というのも大きいと思う。

Q:アカデミー賞において最も大切なこととはどんなことでしょう?

ハワード:ただ、若い世代だけでなく、どんな世代も楽しめるような授賞式にすることが大事だ。なにしろ、アカデミー賞は世界最高レベルの賞なのだから。約6,000人のアカデミー会員たちは、映画業界のさまざまな部門に携わる一流の人ばかり。だから候補者たちは、ほかのどの授賞式よりも特別な感情を抱くと思うし、それは世界中の人たちに伝わると思う。

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク