シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
板野友美&橋本奈々未(乃木坂46)
『劇場版BAD BOYS J-最後に守るもの-』
初めて&苦手なお芝居に開眼
『劇場版BAD BOYS J-最後に守るもの-』板野友美&橋本奈々未(乃木坂46) 単独インタビュー

取材・文:大小田真 撮影:吉岡希鼓斗

Sexy Zoneの中島健人がドラマ初主演を果たし、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズJr.のメンバーらも出演したドラマ「BAD BOYS J」が映画化された。広島県内で勢力争いを繰り広げる不良男子の抗争と仲間同士の友情を描いた本作。中島演じる桐木司を支えるヒロイン・由本久美役の橋本奈々未(乃木坂46)と、桐木のライバル・段野秀典(二階堂高嗣)の恋人・中井カオリ役の板野友美が、芝居への思いと今後の目標について語った。

■右も左もわからないドラマ&映画の世界

Q:橋本さんは「BAD BOYS J」がドラマと映画のデビュー作となりましたが、どのような準備をして撮影に臨んだのでしょうか?

橋本奈々未(以下、橋本):ドラマのときは本当に何にもわからないまま現場に入りました。撮影が始まっても、何がOKで、何がダメなのかさえわからなかったんです。ドラマの放送があるたびに自分のお芝居をチェックしました。「こういうときはまばたきをしない方がいいのかも」「この場面では少し控えめの笑顔にした方が気持ちが伝わるみたい」という感じで反省していました。

板野友美(以下、板野):じゃあ、ドラマでの経験を生かして映画で成長できた部分もあった?

橋本:……まばたきをする回数が減ったと思います。

板野:そこなんだ(笑)。

Q:板野さんは演技経験がありますが、この作品を通して改めて学んだことはありますか?

板野:わたし、演じる役がいつもヤンキーばかりなんですよ(笑)。とはいえ、そのほとんどはAKB48のメンバーと一緒だったので、ソロで出演したこの「BAD BOYS J」はすごく新鮮でした。そういう感覚もあって、いつもの自分とは違う人物になる楽しさを知った気がします。

■グループの一員である誇り&果たすべき役割

Q:不良チーム同士の抗争が描かれる作品ですが、実際に自分の彼氏や友達がこういう状況に身を置いていたらどう対応しますか?

橋本:この作品の世界はかっこいいですけど、実際に身近にいたら……やっぱりちょっと怖いので、あまり近づかないかもしれません(笑)。友達だったら、「これから先、どうしていくの?」って心配しちゃうでしょうね。わたしが演じた久美ちゃんはものすごくストレートにそういう言葉を口にできる子ですけど、わたし自身は言えないと思います。その代わり、そんな彼を支えるためにわたしが働きに出たりするかもしれません(笑)。

板野:やっぱりなかなか言えないよね。わたしが演じた中井カオリも、久美と同じで「待つ女」なんですよ。男の子たちがケンカして、勝って帰って来るのを待っているんですけど、わたしだったら助けに行きたくなっちゃう。もしかしたら、「わたしが行ってくるから待ってて!」って、自分だけで敵の所に乗り込んじゃうかも(笑)。

Q:劇中の男子たちは「チームのため」という大義とプライドを持ってケンカに明け暮れていますが、板野さんはAKB48の一員としてどんな思いを抱いていましたか?

板野:AKBがまだあまり世間の皆さんに知られていなかった頃は、まずはメンバー一人一人が大きく成長しなきゃいけないということを意識していました。わたし自身もそうですが、やっぱり最初は何もできなかったですからね。そのままの状態でグループの成長なんてあり得ないですし、メンバーそれぞれが成長した結果、グループ自体が大きくなる方がいいなって。グループがブレイクしてからは、AKB48という名前に恥じない自分でいることを心掛けていました。橋本さんは?

橋本:わたしが所属する乃木坂46はまだ小さいグループなので、一人一人が与えられた仕事を頑張って、グループに戻ったときに還元したいですね。「BAD BOYS J」の現場でお芝居の経験をさせていただいたので、それをちゃんと持ち帰るのがわたしの役割だと思っています。

板野:その気持ちはすごく大事。でも、最初は「グループのために」というよりも、橋本さんは橋本さんとして精いっぱい頑張ることが一番だと思うよ。わたしもそうだけど、「AKBの一員としてこの役割を果たさなきゃ!」っていう使命感を持ち過ぎると、空回りしちゃうこともあったから。

橋本:ありがとうございます。こんなふうに直接アドバイスを頂けてうれしいです。

■アイドルとは異なる女優業への展望

Q:グループを卒業された板野さんは今後、女優業のオファーも増えると思われますが、どのような展望をお持ちですか?

板野:今までドラマや映画は、自分は観る側だという感覚が強かったんです。たまにドラマなどに出させていただいても、演技に対して少し苦手意識がありました。でも、こうやって作品に出させていただくことはもちろん、いろんな映像作品を観ているうちに、ものすごく興味が湧いてきています。今後はより幅広い役柄を演じてみたいです。

橋本:具体的にやってみたい役とかってあるんですか?

板野:これはできない! っていう役と、絶対にやりたい! っていう役があるよ。多分、医者とか刑事は難しそう。専門用語とか覚えられないから(笑)。逆に、すごく日常的な感じの作品で、等身大の女の子を演じてみたいなあ。ちょっとグータラした子とか、学園ドラマや青春ものに登場する純な子とか。やっぱりヤンキーのイメージが強いとは思うのですが、実はそんな願望を持っているんです(笑)。あとは、ハリウッド映画に近い作品に出演したい。これは単に「洋画が好きだから」というだけで、ハリウッドに進出したいということではありません。

橋本:わたしもお芝居の仕事を頂けるのなら、ぜひやっていきたいです。ただ、久美ちゃんのような高校生役は、そろそろ限界だと思っています。

板野:えーっ! ウソでしょ! 年上のわたしが学園物をやりたがっているのに……。

橋本:あっ、ほらっ、わたしって、顔的に実年齢よりも上に見られがちなので。

板野:いやいや、全然イケるでしょ!

橋本:ありがとうございます(笑)。でも、自分としては先生役の方がやりやすいかなって思うんです。

板野:あー、確かに先生の雰囲気はあるかも。わたしは先生役、向かないだろうなあ。台本があっても、仕切るとかみんなをまとめる役は……。やっぱり生徒役ですよ。ドラマだと放送が10回ぐらいあったりするのでさすがにきついけど、1回だけの映画なら……アリですよね? 映画なら、テレビよりも観たい人だけ観るってこともあるでしょうし。あっ、でも、この『劇場版BAD BOYS J』は、みんな「観たい人」になってくださいね(笑)。まだ少し苦手意識があるお芝居ですけど、この作品でのわたしがどんなふうに見えたか教えてほしいです。橋本さん的に、この作品のお薦めポイントってどんなところ?

橋本:同じチームだった桐木司(中島)くんと川中陽二くん(Snow Man岩本照)が泣きながら殴り合うシーンはグッとくるはずです。あと、サブタイトルに「最後に守るもの」とありますが、司くんの“最後に守るもの”が久美ちゃんなのかどうか見届けてほしいですね。

板野:いいコメント~。なんか、本当に先生みたい(笑)。

インタビュー中、大先輩の板野を前に終始緊張していた橋本だが、芝居やグループに対する思いをしっかりと語った。そんな彼女に対し、思わずアドバイスする板野の姿が印象的だった。劇中でも、不良チームのリーダーの恋人として一日の長であるカオリが、久美の成長を認めるセリフがある。硬派な男たちを支える美しい女たちの友情にも注目していただきたい。

『劇場版BAD BOYS J-最後に守るもの-』は公開中

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 11日
  5. 『劇場版BAD BOYS J-最後に守るもの-』板野友美&橋本奈々未(乃木坂46) 単独インタビュー