シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
宮崎あおい&濱田岳
『神様のカルテ2』
働く男女共感必至の、理想の夫婦像
『神様のカルテ2』宮崎あおい&濱田岳 単独インタビュー

取材・文:前田かおり 写真:高野広美

若き内科医・栗原一止が医師として成長するさまを嵐の櫻井翔主演で描き、ヒットを記録した映画『神様のカルテ』。約3年ぶりの続編となる本作では、3組の夫婦がつなぐ命と希望の物語を紡ぎ出す。前作に引き続き一止の妻・榛名を演じる宮崎あおいと、一止たちが住む御嶽荘の住人・屋久杉役で今作から登場する濱田岳がその魅力を語った。

■続編ではなく新たな物語を

Q:続編に出演する気分はいかがでしたか?

宮崎あおい(以下、宮崎※「崎」は正式には「大」が「立」になります):最初は不安もありましたが、やると決まって監督や櫻井くんが動き始めると楽しみになり、うれしくなりましたね。実際、現場に入ってみて、続編が作れるということは幸せなことだなと改めて感じました。

濱田岳(以下、濱田):僕は新メンバーなので、うれしい反面、ハードルが高いなと。出来上がっているところに一人で入るというのは緊張しますし、『神様のカルテ』にしかない空気感を壊したくないという思いもありました。でも、新しく呼んでいただいたのなら、何らかのアクセントをつけなくちゃとも思いました。だから、余計に緊張しちゃって(笑)。

Q:演じるに当たって、深川(栄洋)監督から何か注文はありましたか?

濱田:「とにかく榛名さんを好きでいてください」と言われました。榛名さんを好きであればあるほど、それ以外の人、例えば原田泰造さん演じる男爵に悪態をつけるようになる。その他にはあまり言われた記憶はないですね。

宮崎:わたしは何もないです。実は前作のとき、脚本を読んだ段階でたくさん疑問があったんです。例えば、完成稿には榛名が人間くさいキャラクターに描かれていて、違和感があったんです。わたしとしては、原作にあるあまり人間くささが見えないキャラクターとして存在していたいなと思ったので、現場に入る前に監督と十分に話し合い、榛名というキャラクターを共有していました。だから今回、監督から「何か質問はありますか?」と言われたときも何もなく、逆に監督からも何もありませんでした。

Q:前作から約3年ぶりの現場には懐かしさを感じましたか?

宮崎:同じスタッフの方が多いので、安心感がありました。ただ、「続編であっても、新しいものを作るんだ」という気持ちで全員が臨んでいたので、いい緊張感もありました。今回の『2』を撮るに当たって、前作を見直そうかどうしようかと思ったんですけど、結局観ないまま現場に入ったんです。最近知ったんですけど、櫻井くんも観ないまま入っていたそうです。

■ウエイトを着けて妊婦を疑似体験

Q:濱田さんは現場に入るための準備や役づくりなどはされましたか?

濱田:いや、「もう悩んでも仕方ない、どうにでもなれ」という感じでした(笑)。でも、屋久杉くんの髪型を作ってくれたメイクさんや、独特の衣装を用意してくれた衣装さんに助けられました。それと、ビックリするぐらい完成度の高いセットにも。おかげで役に入り込めた気がします。

Q:今回、榛名は妊婦という設定でしたね。

宮崎:物語の最初の方はまだ目立っていないので、おなかにもウエイトを入れていないんです。ただ、命があるんだという意識でいるように心掛けていました。おなかが大きくなるのは後半の数シーンだけですが、おなかにウエイトを入れると、すごく重たくなって。妊婦になるとこんなに重くて、こんなに腰が痛くなるものなんだということを疑似体験できて、面白かったですね。特にラストの方で御嶽荘への坂道を上っているときは、おなかに5キロくらいのウエイトを入れていたので、妊婦さんって大変だなと思いました。

Q:屋久杉くんは「何も夢がない、やることがない」と言いながら、人に意見されると逆ギレする、ちょっと厄介な存在ですよね。

濱田:でも僕は、屋久杉くんはイヤなやつではないと解釈しています。ただ、ひねくれていて、人に何か言われると悪態をついてしまう。駄々をこねる赤ちゃんのように。世間によくいる等身大の若者の一人なんじゃないかな。

Q:宮崎さんは、榛名という役にシンパシーを感じられますか?

宮崎:こんな女性はなかなかいないですからね。旦那さんが帰ってきて、顔を見ただけで、何が起こったか察してあげられるなんて。

濱田:宮崎さんなら、できますよー(笑)。

■二人が明かす撮影中の櫻井翔

Q:撮影の合間はどのように過ごされていましたか?

濱田:僕は緊張から逃れるために、現場に置いてあったマンガをずっと読んでいました(笑)。「ぷんぷん」というのが出てくる……。

宮崎:それ、浅野いにおさんの「おやすみプンプン」ですよ。わたしも好きです。

Q:宮崎さんは、編み物が趣味と伺ったことがあります。劇中でも編み物をしているシーンがありましたが、撮影の合間にもされていたんですか?

宮崎:そうですね。タブレットケースやあめちゃん入れとかを作っていました。基本的に誰かにあげてしまうので、自分の手元には残っていないのですが。

Q:櫻井さんとの共演はいかがでしたか?

濱田:櫻井さんとの共演は今回が初めてだったんですけど、撮影の合間は新聞を読まれている印象があって、さすがだなと思いました。

宮崎:わたしも岳くんと一緒で、櫻井くんの印象は「新聞を読んでいる」。毎朝、2、3紙くらい読んでいました。すごく真面目な方で、疲れている顔も見せず、誰に対してもとても丁寧。横でインタビューを聞いていても、きちんと言葉を選んでお話をされる真面目で本当にいい方でした。その印象は前回から変わりませんでした。

■深川監督が多くの俳優に慕われるワケ

Q:今作で印象に残っているシーンはどこでしょう?

濱田:クライマックス後に屋久杉が一止と榛名の背中を見ているカットがあったんですけど、屋久杉は見た目も色ものだから、マンガチックな演技をすればいいかなと思っていたんです。ところが、深川監督がいらっしゃって、「憎くて憎くて、殺意すら感じさせるような表情でにらんでください」とすごく真剣な顔をして言ってきたんです。自分の想像とは真逆でしたから、もうビックリしました。「なにー?」って思いましたけど、深川監督はそういうふうに演技のオプションをたくさん投げ掛けてくれる、なんて懇切丁寧な監督なんだろうって。これが多くの俳優さんから慕われる理由なのかなと思いました。

宮崎:わたしは御嶽荘でのシーンが多かったので、新しく屋久杉くんが入ったことにより、違う風が吹いているのを感じることが楽しかったです。撮影が長引くこともありましたが、御嶽荘のシーンは楽しくて好きでした。

Q:最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

濱田:今作に登場する3組の夫婦は、それぞれ世代や状況も違うけれど、信頼や愛情がちゃんとあって言葉が要らない。どの夫婦も理想的で、勉強させてもらいましたね。あと、前作からのファンもいる中で、僕が演じた屋久杉が作品の空気感を邪魔していなかったかが気になります。皆さんには、お手柔らかに観てほしいなと。

宮崎:前作を観ている方だけでなく、初めて『2』から観ても楽しめるよう、みんな頑張って作りました。『1』では医師として葛藤する一止さんが描かれていたけれど、『2』では医師として成長している一止さんが見られます。その一止さんの変化も面白いし、新しいキャストの方が入ってまた新たな作品ができたと思います。

患者を救うという仕事を全うすれば、家族は二の次になる。医者ならではの苦悩や葛藤を3組の夫婦を通して描いた本作の魅力を語り合った二人。濱田は劇中の屋久杉くんさながら宮崎のとりこになってしまったようで、宮崎から「パーマかけたの? かわいいね」と声を掛けられると本気で照れた様子を見せるなど、撮影中も終始笑いが絶えなかった。

映画『神様のカルテ2』は3月21日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 20日
  5. 『神様のカルテ2』宮崎あおい&濱田岳 単独インタビュー