シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
「SUITS/スーツ」特集:あなたは見破れる?男のウソ5つの法則

高学歴の高慢なカリスマ弁護士ハーヴィー(ガブリエル・マクト)と、経歴詐称という秘密を抱える天才青年マイク(パトリック・J・アダムス)。大都会ニューヨークを舞台に、対照的な名コンビの活躍を描いた海外ドラマ「SUITS/スーツ」の最大の魅力は、さまざまな事情から周囲に重ねていく「巧みなウソ」。「成功するもしないもウソのつき方次第」といっても過言ではない、本作のあらゆるシチュエーションのウソを通し、「男のウソの見抜き方」を教えます!

男のウソの法則1:見栄を張る
男のウソの法則1:見栄を張る

この場面:弁護士事務所に入るためにマイクが経歴を詐称
ハーヴィー&マイクを目の敵にする同僚のルイス(リック・ホフマン)が、マイクとハーバードで同期にあたるいとこのミッチにマイクのことを聞いたが知らなかったと言われ、いぶかしがる。マイクはとっさに、ハーバードのロースクールを見学していた時に優秀な卒業生の写真にミッチの名前があったことを思い出し、その場を切り抜けるが……。

男のウソの法則1:見栄を張る

このウソの見抜き方:
その人物が所属していた組織から情報を得る
あるときはクライアントの娘で天才ハッカーのローラから「ハーバードの卒業名簿にアクセスしたけど、マイク・ロスの名前はなかったわ」と脅され、白状せざるを得なくなるマイク。ルイスの場合は深く追求しなかったため難を逃れたが、相手の過去を疑わしいと思ったときは、その人物が所属する学校や組織の関係者にコンタクトをとれば、案外簡単に真偽がわかってしまう。

男のウソの法則2:浮気をする
男のウソの法則2:浮気をする

この場面:マイクが同僚の女性と、友達の恋人と三角関係に
同僚のパラリーガル(弁護士の業務を補助するポジション)、レイチェル(メーガン・マークル)と惹かれ合いながらも、友人の恋人ジェニー(ヴァネッサ・レイ)と関係を持つマイク。ある日、レイチェルとマイクの関係に勘付いたルイスがジェニーに二人の関係をほのめかし、不安に思ったジェニーはマイクにレイチェルを含めたダブルデートを提案する。

男のウソの法則2:浮気をする

このウソの見抜き方:
浮気相手を交えたダブルデートで反応を見る
ダブルデートでレイチェルが連れてきた相手は、かつて模擬裁判でマイクを打ち負かした同僚のカイル。談笑をしながらその場をやり過ごそうとするマイクだが、カイルがレイチェルの腰に手を回すのを見た瞬間、感情をむき出しにしてしまう。1日の中で最も長く時間を共にするのは職場仲間なので、恋人の浮気を察知したときはまずは職場の人間関係に目を光らせるべし。ただし、ジェニーのような行動に出て真実を知ったとしても、それが必ずしもプラスになるとは限らないので慎重な判断が必要。

男のウソの法則3:隠蔽をする
男のウソの法則3:隠蔽をする

この場面:未着手の仕事なのに「できています」とウソ
新米のマイクは、なかなかハーヴィーの指令をこなすことができず、場を取り繕うことが多い。クライアントが開発した衛星電話の特許出願を頼まれるものの、やり方がわからず滞っていたにもかかわらず、つい「もうできている」とハーヴィーにウソをついてしまう。同僚の膨大な書類校正を手伝うことを交換条件に特許出願を引き受けてもらうが……。

男のウソの法則3:隠蔽をする

このウソの見抜き方:
仕事をいつ、どのように終えたのかを検証
ルイスが作った特許出願の書類を急ぎ提出するが、ハーヴィーから「競合会社に先を越され、特許が通らなかった」と言われ、ハーヴィーから尋ねられたときにはまだ書類が出来上がっていなかったことがバレてしまう。ハーヴィーのむちゃぶりも相当なものだが、いくらマイクが有能だからといって未経験の仕事をすんなり片づけてしまうのはおかしいと疑ってかかるべき。スピードが要される、困難な仕事ほど、新人の「できています」は信用ならない。

男のウソの法則4:お世辞を言う
男のウソの法則4:お世辞を言う

この場面:上司や同僚の女性たちに甘い言葉をささやく
特定の恋人を作らず、独身貴族を謳歌(おうか)するハーヴィーは、とにかく女性を褒めるのが上手。上司のジェシカ(ジーナ・トーレス)がドレスアップしたときには「目もくらむような美しさだ」と、普段の会話では絶対に口にしないような甘い言葉をささやき、出勤したときには同僚の女性に「おはよう」の代わりに「結婚して」とあいさつ。赤面しそうな殺し文句をスマートに使いこなせるのが、オトナの男の証し!

男のウソの法則4:お世辞を言う

このウソの見抜き方:
女性の免疫度をチェックする
ハーヴィーはナンパの仕方もスマートで、美女をデートに誘うものの時には「うれしいけどあなたとはデートしない。自分のことしか考えない男はダメなの」と手厳しい言葉を返されることも。ルックス良し、社会的地位も高く、オシャレ。そんな絵に描いたようなイイ男であれば、恋人がいないのは「不自由していないから」と女は身構えるもの。簡単にデートに誘ってくるということは、彼にとってはそれが日常茶飯事だということ。褒められるのはうれしいことだけど「褒め上手」の男には、それだけ女性の免疫があるのだと心すべし!

男のウソの法則5:ワナにはめる
男のウソの法則5:ワナにはめる

この場面:悪質なクライアントをニセモノの書類で撃退
「契約を打ち切りたい」とクレームをつけてきた悪質なクライアントに書類をちらつかせながら、「先ほど弁護料全額振り込みの通知があった。支払いを盾に脅せると思ったら大間違いだ」と応戦するハーヴィー。クライアントは無礼だと激怒するが、上司のジェシカは「事務所の意見」だとダメ押しのフォローをし、事態は取りあえず丸く収まる。

男のウソの法則5:ワナにはめる

このウソの見抜き方:
切り札を突きつけられたらウソと思え
上司のジェシカは、ハーヴィーの鮮やかな戦術に感心しながらも、ハーヴィーがクライアントに見せた書類は振り込み通知でなくニセモノ(実際は避難訓練のお知らせ)であることを見抜く。「彼が書類を見ていないって何でわかったの?」と驚くジェシカに、「牛は赤いマントだけ見ていて、闘牛士は見ていないものさ」と余裕しゃくしゃくで答えるハーヴィー。相手が脅し文句を吐いたときには、冷静に見えても内心はひどく動揺しているもの。だからこそ、とっさにウソをつくことがある。決定打となる切り札を突きつけられた場合は、「50%の確率でウソ」ぐらいの心持ちで相手の言動を用心深くチェックすべき。

日本初放送!待望の第3シーズンは……
日本初放送!待望の第3シーズンは……

マイクの裏切りによってハーヴィーは孤立無援に
対立していた共同経営者ダニエル・ハードマン(デヴィッド・コスタビル)との戦いに勝った所長ジェシカは、資金力のあるロンドンのダービー法律事務所との合併を画策。合併によって自身の出世が危うくなることを恐れたハーヴィーはジェシカに反対するが、マイクがジェシカから経歴詐称を盾に脅され、合併が決定。ハーヴィーはマイクの裏切りに激怒し、ジェシカとの関係も悪化し……。

「SUITS/スーツ」シーズン1&2一挙放送!
5月19日(月)~6月6日(金)平日午後0:00~(2話ずつ放送)【WOWOWプライム】「SUITS/スーツ」放送スケジュールはコチラ
「SUITS/スーツ2」放送スケジュールはコチラ

「SUITS/スーツ3」6月9日(月)スタート(全16話)[第1話無料放送]
毎週月曜夜11:00[二カ国語版]【WOWOWプライム】
毎週火曜深夜0:00[字幕版]【WOWOWプライム】
「SUITS/スーツ3」放送スケジュールはコチラ

「SUITS/スーツ」オフィシャルサイト

<イベント情報>

ドラ活~海外ドラマ上映交流会~にて「SUITS/スーツ3」を上映!
東京・恵比寿で5/29(木)開催! 参加費は完全無料!
参加応募締切:5/22(木)24:00
詳細はコチラ

「SUITS/スーツ」© 2011 Universal Television. All Rights Reserved./「SUITS/スーツ2」© 2012 Universal Cable Productions. All Rights Reserved./「SUITS/スーツ3」© 2013 Universal Cable Productions. All Rights Reserved.

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク