シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
「寺島進の「月刊 てらじま便り」第14回:米倉涼子にアドリブ!? 初共演秘話を語る!

8月9日夜9時にフジテレビで放送される米倉涼子主演のスペシャルドラマ「アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子」に、アニキが出演! 捜査一課の刑事・川上を演じるアニキが、撮影の様子を語りました。

今月の現場
今月の現場
今回の役は、米倉さん演じる八神と犬猿の仲(!?)の川上刑事!

このドラマの監督の西浦正記さんとは、「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」以来だったから、すごく懐かしかったしやりやすかったよ! ドラマの良しあしっていうのは、スタッフや現場の雰囲気によると俺は思う。この現場もスタッフのチームワークが良かったから、すごくスムーズに撮影が進んだよ。

今回は、渡部篤郎さんとか初共演の役者さんが多かったから刺激的だったね。米倉さんと共演するのも初めてだったんだけど、彼女はとっても気さくだから誰とでも仲良くなれるし、どこにでも溶け込んでいける人なんだ。それに主演というだけあって、芝居に取り組む姿勢もとても真摯(しんし)。周りを盛り上げるのが上手で、米倉さんが主演だったからこそ、現場の雰囲気が良かったんじゃないかな。

米倉涼子に恋心!?
米倉涼子に恋心!?
こういう役をやるときは、現役の刑事とよく飲みに行くんだ

こういう刑事ドラマに出演するときは、刑事の仕事をしている友達とよく一緒に飲みに行くんだ。そうすると、いろいろな話が聞けてすごく面白い。台本についても「こういうことってあるの?」とか「こういう聞き方は自然なのか?」とか話したりして。

そんな話の中でいつも思うのは、刑事も一人の人間だってこと。ストレスが溜まっていて酒を飲んだらグチる刑事もいるし、家族をものすごく大切にしている刑事もいる。それぞれなんだよな。だから、刑事を演じるときはただの刑事ではなくて、その刑事がどんな人間なのかを考えるんだ。

米倉涼子に恋心!?
今回の事件は、極道やマフィアが深~く関わっているんだ!

今回俺が演じる川上は、米倉さんが演じる八神と一緒に殺人事件の捜査を進めていく捜査一課の刑事。でも大学の先輩と後輩の関係で、昔俺(川上)がほのかな恋心を抱いていた時期もあったって設定なんだ(笑)。まあそういっても、とくにロマンスがあるわけじゃねーから! 背景として、そういう人間的な部分は意識して演じたところはあったかもな。

共演者の素顔
共演者の素顔
米倉さんは真摯でとっても気さくな方なんだよ

米倉さんは、きびきびしていてパワーのある女優さんだったね。なんかさ、人気のある女優さんって輝きが違うんだよね。米倉さんは、今すごくノッている女優さんだけあってキラキラ輝いていたなあ。

撮影で面白いことがあってさ。俺がアドリブで「おまえ何やってんだ、バーカ!」って米倉さんの頭をポカッてたたいたシーンがあるんだ。米倉さんの頭をポカッてやるなんて面白いだろ(笑)? 監督にも「このシーン、絶対使ってね~」なんて言っていてさ。

共演者の素顔
どこがアドリブのシーンか、注目してくれ!

実はその日はクランクアップで、撮影のあと、米倉さんと一緒に番宣用にインタビューを受けたんだ。で、俺が「憧れの米倉さんのドラマに出させていただいて、本当に光栄です!」って、ちょっとふざけて言ったんだよ。そしたら、米倉さんが「何言ってんのよ!」ってポカッとたたいて突っ込んできて(笑)。まさか、根に持ってた!? ってなって、めちゃくちゃ面白かった! 

米倉さんって、イメージが男っぽくてサバサバしているだろ? 俺から見ると、本当は乙女な気持ちを持っているんじゃないかなあって感じたな!

スペシャルドラマ「アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子」は、8月9日(土)夜9時よりフジテレビにて放送

オフィシャルサイトはこちら

今月の一枚
今月の一枚
photo by Susumu Terajima

お墓参り。
娘がお墓掃除を手伝ってくれました(笑)。

寺島進PROFILE

1963年生まれ、東京都出身。三船芸術学院で殺陣を学び、殺陣師・宇仁貫三に師事。1986年松田優作監督作『ア・ホーマンス』で本格俳優デビュー。北野武に才能を見い出され、1989年『その男、凶暴につき』以降、北野映画の常連として注目を浴びる。

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 30日
  5. 第14回:米倉涼子にアドリブ!? 初共演秘話を語る!