シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

UNDERWEAR アンダーウェア 想像と全く違う業界に就職してしまったら……?イマドキ女子のお仕事事情 9月2日(水)より Netflixにて独占プレミア配信

いよいよ9月2日よりサービス開始となる、世界最大手のインターネット映像配信ネットワークNetflix。世界配信が決まっている話題の、桐谷美玲主演のオリジナルドラマ「アンダーウェア」を大特集。華やかなランジェリー業界を舞台に、銀座の高級下着メーカーに間違って就職してしまったヒロインが、女たちの本音の世界の中で奮闘していく。ここから仕事で輝くためのヒントを学ぼう!

究極の下着メーカー"Emotion"へようこそ!

オリジナルドラマUNDERWEARとは?

地上波では絶対にできない、クールな切り口、映像美に徹底的にこだわり、世界配信を前提に作られた本作は、次から次に展開するスピード感のある物語展開に、やみつきになること間違いなし!

Emotion

Emotion社長 南上マユミ(大地真央)「Emotion」のデザイナー兼社長。美しい作品を生み出すことにこだわり、ランジェリー界のアイコンとして君臨する。ファッションに疎い繭子に「ダサい」といら立つが彼女の才能とセンスを見抜く。

デザイナー西沢瑞希(酒井若菜)デザイナーで1児の母。南上を崇拝しているが、初めてショーに採用されたデザインが土壇場でボツにされ落ち込む。仕事に真面目で厳しい一方、後輩たちを思いやる優しい一面も。

デザインアシスタント飯田史香(マイコ)自由奔放で思ったことは口に出すタイプ。「Emotion」で働くのが夢だったが、自分の方針を譲らない南上にひそかに反発している。 先輩の瑞希を慕っている。

新米アシスタント時田繭子(桐谷美玲)長野県から上京してきた社会人1年生。ファッションには全く興味がなく、糸が大好きで布を触っているとうっとりしてしまう繊維フェチ。新しい繊維を開発したくて「Emotion」 に入社したものの、「おしゃれより機能性が重要!」と主張して他のスタッフにあきれられることも。ちょっぴりひがみっぽいところもあるけど、いちずでひたむき。整理整頓や掃除が大好きで、人付き合いや飲み会は苦手。

モデル町田沙里衣(石田ニコル)ファッションモデル。 「Emotion」のショーのオーディションを受けにくるが、ダイエットのし過ぎで選考中に倒れてしまう。美しくスタイルも抜群だが、自分に自信が持てず遠慮がち。

繭子の大学の同級生鴻野由梨(河北麻友子)イベントプランニング会社勤務。繭子の親友で一緒に上京し、ウェディングドレスアドバイザーを目指している。繭子とは何でも打ち明け、励まし合う仲。東京に早くなじもうと、おしゃれ&慣れない仕事に奮闘中。

LESSON1:ランジェリー業界で働く女子のサクセスストーリー

オシャレなランジェリーにはまったく興味ないけど、大好きな繊維への思いを胸に、特技を生かして真正面から挑む繭子。飾らない素直な言葉を武器に、徐々に職場で存在感を発揮していく。オートクチュールという未知の世界に戸惑いつつも、積極的に取り組む姿勢は働く女性のやる気を刺激してくれる。社長(大地真央)のダメ出しにも負けない等身大の繭子の生き方に誰もが共感!

繭子のワンポイントアドバイス:着飾るよりも、自分らしさを持つことが大切。

LESSON2:仕事がデキる女になるヒント

雑用の毎日に焦った繭子は勝手に接客、叱られて落ち込んでしまう。しかしある日、常連客から思いがけないことを褒められ、熱意ばかりが空回りしていたことに初めて気が付く。せわしい日々の中でもへこんだときこそ、周囲を見回してみると、きっとあなたの良さに気づいてくれる人がいるはず。常にポジティブマインドでいることがステップアップの第一歩!

繭子のワンポイントアドバイス:熱意だけでは通用しないのね……。上司や顧客のニーズを見極めないと!

LESSON3:オートクチュールの高級ランジェリーの数々…

顧客の体形、好みに応じてレースやビーズを取り入れ、ハンドメイドで作られていく高級ランジェリー。見えない部分になぜ、ここまで気を使うのか? 全く理解できない繭子だったが、次第にそれを身に着けたときの女性たちの変貌に目を見張る。着た人を輝かせ、自信を持たせるのが「Emotion」のランジェリーなのだ。

繭子のワンポイントアドバイス:「見えない自信」を与えてくれる魔法の下着。それが「Emotion」なの

観られるのはここNETFLIX

世界最大の映画&テレビドラマ配信サービス

50か国での会員数が6,500万人に上る世界最大のインターネット映画・テレビドラマ配信サービス。日本では9月2日よりサービスが開始される。人気タイトルを、スマホ、タブレット、PCなどインターネット端末があれば、「いつでも、どこでも」HDや4Kなど高解像度画像で視聴可能。「アンダーウェア」の他にも、「テラスハウス」新シーズンなど日本独自のオリジナルコンテンツも配信予定。そのほか、盲目のマーベルヒーローをドラマ化した「デアデビル」や、『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉弟初の海外ドラマ「センス8」、第87回アカデミー賞にノミネートされたレオナルド・ディカプリオ製作総指揮のドキュメンタリー「ヴィルンガ」を含めた30作品を超える海外のオリジナル作品を観られる。2016年末までには世界中どこでも利用可能になる予定。
NETFLIXオフィシャルサイトはコチラ

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 2日
  5. 「アンダーウェア」特集:想像と全く違う業界に就職してしまったら……?イマドキ女子のお仕事事情