シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
榮倉奈々&田中圭&福士蒼汰
『図書館戦争 THE LAST MISSION』
岡田准一と榮倉奈々のベタ甘シーンでは、スタッフがやじ馬に!?
『図書館戦争 THE LAST MISSION』榮倉奈々&田中圭&福士蒼汰 単独インタビュー

取材・文:永野寿彦 写真:杉映貴子

人気作家・有川浩の同名小説を映画化したシリーズ第2弾『図書館戦争 THE LAST MISSION』。メディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行されている「正化(せいか)」という年号を持つ近未来の日本を舞台に、表現の自由を守る図書館の自衛武装組織・図書隊の戦い、そして隊員たちの恋愛模様を描くエンターテインメント大作だ。アクションも人間模様もテーマ性も第一作以上にパワーアップを遂げた本作で、図書隊として壮絶な戦いを体験した榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰が、続編への思いを語った。

■その世界に戻れる続編の幸せ

Q:続編の製作が決定したとき、どう思われましたか?

榮倉奈々(以下、榮倉):この作品を愛してくださる皆さんの期待が詰まった2作目だったので、正直1作目よりははるかにプレッシャーは大きかったです。でもまた仲間たちと再会できる喜びや、同じ役をもう一度演じられる役者としての喜びもありました。だから多くの期待も含めて、そのすべてに応えたいという気持ちの方が勝っていました。

田中圭(以下、田中):僕は素直にうれしかったです。もともと1作目が終わったときから次もやりたいなと思っていたので。それと、スペシャルドラマも含め、全部でシリーズ3作に関われたというのもそうあることではないし。仲間たちと一緒にそういう作品を作れたというのはとても幸せなことだなと思いました。

福士蒼汰(以下、福士):僕は「図書館戦争」という作品自体も好きですし、手塚という役柄もすごく好きだったので、この世界に戻れたことが何よりうれしかったです。スペシャルドラマと本作の2本をやってみて思ったのは、この現場が好きだということ。キャストの皆さんもスタッフの皆さんもすごくあたたかくて、改めてとても居心地がいい場所だなと思いました。

■コツコツと作るアナログなアクション

Q:映画の後半は迫力のアクションシーンが満載でした。第一作以上にパワーアップされていましたね。

田中:第一作のときよりも撮影に入る前からみんなで集まり、岡田(准一)くんの指揮でいろいろとやりました。トレーニングというよりコミュニケーション。一緒にごはん食べるとかいうコミュニケーションじゃなくて、戦闘というものを通してホントに命を懸けて助け合う仲間という深いところでのコミュニケーションの取り方。それが大きかったと思います。

福士:僕自身は第一作では戦闘シーンは狙撃だけだったんですけど、今回は地上戦をやらせてもらって。そこが難しいポイントでした。田中さんとバディを組ませていただいて、話し合いながら動くということが初めてだったので新鮮でした。その場その場でキャスト同士が「自分はこう動くからカバーに回って」というように意見を合わせて、息を合わせて動く。まさにコミュニケーションが大切な現場でした。

榮倉:第一作のときは正直そういう撮影に臨めるような体作りはできていなかったので、それが自分の中で悔しい点でした。続編があるにしろないにしろ、アクションに対応できる体だけは作りたいという気持ちがあってトレーニングは続けていました。でも、実際うらやましいと思っていたアクションの現場に入ると、意外に地味な作業の連続で大変だなと。コツコツと人が作っているというアナログな魅力を感じました。

■それぞれの恋愛模様にも変化が!?

Q:このシリーズはベタ甘ラブストーリーとしても人気の作品。本作でのそれぞれの関係性のドラマはどう変化しましたか?

福士:僕が演じる手塚は、栗山千明さん演じる柴崎が相手で、第一作では最後に少しだけにおわせるくらいだったんですけど、スペシャルドラマ、そして本作を通してちょっとかわいい恋愛をしています(笑)。手塚の成長みたいなところもかなり意識しました。激しいアクションも満載ですけど、そういうヒューマンドラマも「図書館戦争」の魅力です。

榮倉:原作は女の子の理想を形にしたように恋愛が描かれているので、生身の人間が演じるのは照れますし、難しいというのは正直ありました。それは岡田さんもすごく感じられていて。それをリアルにしながら、でも見てくださる方の期待は裏切らないように、微妙な落としどころを探りながらの撮影でした。

田中:僕はスペシャルドラマのほうで、僕が演じる小牧と土屋太鳳さん演じる毬江の物語をやらせてもらいました。原作でも好きなエピソードなので、とてもうれしかったですね。1作1作別々でもきちんと「図書館戦争」の世界を見せてくれる作品ですが、スペシャルドラマも含めた3作を続けて観てもらえると、より楽しんでもらえる作品作りをしていることにもスタッフの愛情をすごく感じます。

榮倉:スタッフの皆さんも作品のファンなので、堂上(岡田)と郁(榮倉)が絡むシーンではすごく期待の目を向けられて、やじ馬みたいになっていました(笑)。現場の方々の愛情はありがたいことなんですけど、演じる側としては大変で(笑)。わたしはそれに気付かないように心掛けていたんですが、岡田さんはどストレートに照れるので、余計に照れてしまって……。

田中・福士:(笑)。

榮倉:でも見たら絶対キュンッとしてもらえると思います。

■役と同じ距離感でいられた俳優陣

Q:皆さんにとって岡田さんはどういう存在でしたか?

田中:もう岡田くんとはほかの作品もあって3年ぐらい現場が続いていたので、なんか扱い方もある程度わかるというか。

榮倉:扱われているんだ、岡田さんが(笑)。

田中:そう(笑)。距離感も近すぎず遠すぎずといういい感じで。僕はすごくやりやすいですし、俳優さんとしても男としても好きな方なので。学ぶべきところはたくさんあるし、やっぱりいじるところもたくさんあるし(笑)。

福士:僕は自分が演じている手塚と同じで、僕自身も岡田さんを尊敬していますし、師匠のような存在なんです。だからさっき榮倉さんが話していたエピソードのときみたいに、岡田さんが照れている姿を見ても、突っ込めないんです。

榮倉:確かに(笑)。

福士:ですよね。手塚と一緒で、上官の前ではふざけたことはできない。僕だけ突っ込めなかったです(笑)。

榮倉:わたしの場合は、前作では教官と部下ということもあり、岡田さんが距離を取ってくださっていました。でも今回は郁がもっと堂上教官に近づきたいとか、自分も頼ってもらえる人になりたいという気持ちもすごく出ていたと思います。わたしも岡田さんに対してはそう思っていましたから。岡田さんはアクションもお芝居もはるかに先輩なんですが、天然というか、そういうところがあるのも否めなくて(笑)。

田中:たぶんそこは小牧も一緒で、堂上のことはもちろん尊敬もしているんだけど、そういうところはいじってみたり、見守れたりっていう関係があったんだと思いますね。

榮倉:割とみんな遠くない距離感でしたよね。それぞれが演じた役柄と。

田中:キャストが仲が良いので、その雰囲気も本作にはプラスされていると思いますね。

その言葉通り、取材現場でも仲の良さが垣間見える場面がチラリホラリ。福士が劇中の岡田演じる堂上のあるシーンで「泣いちゃいました」と告白すると、「マジか!」(田中)「みんなどれだけ堂上教官が好きなの!」(榮倉)とすぐさまツッコミが入る絶妙のコンビネーション。スタッフだけでなく、キャストからも本当に愛されている作品であることがヒシヒシと伝わってきた。

(C) 2015“Library Wars -LM-” Movie Project

映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』は10月10日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク