シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
阿部寛
『エヴェレスト 神々の山嶺』
山は思うようにやらせてくれない
『エヴェレスト 神々の山嶺』阿部寛 単独インタビュー

取材・文:永野寿彦 写真:奥山智明

第11回柴田錬三郎賞を受賞した夢枕獏によるベストセラー小説を、『愛を乞うひと』の平山秀幸監督が映画化した『エヴェレスト 神々の山嶺』。日本映画史上初めてエヴェレストでのロケを敢行し、エヴェレストに魅了された孤高の天才クライマーと、彼を追うカメラマンの姿を描き出す。本作で、他人を寄せつけず、山に登ることにすべてを懸けた人生を送る伝説のクライマー、羽生丈二を演じた阿部寛が、エヴェレストでの撮影の苦労や役への思いを語った。

■断る理由のない強烈で魅力的な人物像

Q:原作は「映像化不可能な小説ナンバー1」と言われていましたが、最初にオファーがあったとき、どう思われましたか?

ぜひ、やらせていただきたいと思いました。これだけの環境を揃えてもらって、役者の仕事をさせていただけるというのは喜びでしかないですから。さらに、羽生という強烈で突き抜けたキャラクターを演じるのはすごく難しいことだし、それを僕にオファーして下さったというのはとてもありがたいこと。断る理由はないですよね。

Q:確かに、羽生という人物は山に登ることに人生のすべてを捧げている孤高のクライマー。強烈なキャラクターでしたね。

想像することも難しい人物だと思います。それこそ7,000メートル以上で山の壁にぶら下がったまま何泊かでもしない限り、理解することはできない。ここまで突き抜けた人は、ある程度想像でしか演じられない。

Q:彼の生きざまについて阿部さん自身はどう思いましたか?

「共感する」とは言えないですね。彼は山のこと以外すべて捨ててしまっている。山に対して、まるで鬼のように挑んでいる人間ですから。羽生にとってはそれがすべてであり、人生と向き合うことなんですよ。自分の夢と情熱しかない。このシンプルな考え方はとても真似できないです。

■実際にエヴェレストで撮影した迫真のシーン

Q:実際にネパールに行って撮影された登山シーンのリアリティーが素晴らしかったです。

ロケに行く前はトレーニングをして、低酸素室に通って、山の高さに順応できるようにしていったのですが、実際は想像していたものと次元が違いました。4,500メートルあたりを超えると、空気も違うし、見えてくる風景も変わってくる。エヴェレストにいるからこその壮大な、現実とは思えない空間を体感することができました。そこからまた気持ちがぐっと引きしまりました。ロケハンのときには何人か脱落したらしいんですけど、撮影のときはほぼ全員で行けた。あの場所で撮影できたことは大きいですね。

Q:実際のエヴェレストに行くことで、演技的に刺激されたことはありましたか?

たとえばベースキャンプのシーンは実際にその場にいるわけですから、まさにリアルなんですよ。日本のスタジオで撮影していたら「ハァハァ」とか息を荒くしたりして、演技的に余計なものをプラスしなければならない。でも、その場がリアルなのでシンプルな演技をすればいい。だから逆に一番大変だったのはあそこまで行くことでした。撮影場所まで行くことが一番の難関。

Q:岸壁に宙づりになったりするのもかなり大変だったのでは?

大変でしたね。自分がイメージしていた羽生は屈強な男だから、岩壁もガスンガスンとすごい勢いで登っていく感覚があったんです。ところが、そういうふうに登りたくても1センチも指をかける岩がない。映画の中での岩はゴツゴツしていて手が引っかかりやすいように見えるんですけど、実際は風化していて、雪などで削られているので、つかめるところがほとんどない。イメージと現実は違うと思い知らされました。力づくで登ろうと思っても、いつピッケルが滑り落ちるかわからない状況がリアルでした。

■羽生という人物に近づけた幸せな作品

Q:現地に行って実感したことも多かったのですか。

腕の力だけで登れると思っていたものが、岩壁に張り付いてみて、まったく違うということもわかりました。力のすべてを1点に集中するバランスの取り方で登っていかなければならない。日本では、20メートルぐらいの壁を何度も登ったり、ボルダリングでバランスの取り方も訓練しましたが、それでも全然足りない。現地で登ってみて、初めて山屋のすごさがわかりましたよ。

Q:自然相手の撮影はやはり大変ですね。

山は思うようにやらせてくれない。自分の思うようにいかないので、ある種ストレスを感じながらの撮影でした。でも、それが山に挑むということだから。羽生が思うようにいかないことだらけの中で極限に挑むということと同じなので。これもリアルだなと。

Q:羽生という人物は、阿部さんにとってとてもやりがいのある役だったんですね。

やりがいがありましたよ。3か月ガッツリ撮影できるという映画に出会えたことは幸せでしたし、いくらやっても足りないと思えるような役でしたから。羽生が持っている情熱。山に対しての真っ直ぐな気持ち。研ぎ澄まされた精神。そこを大事にしたいと思ってやっていました。自分の中では反省点もありますが、羽生という人物と心を共にできたことは、自分にとって宝でしかない。

撮影の苦労話だけでなく、役作りの仕方に対して真摯(しんし)に答えた阿部。「自分とは掛け離れている役の方がうれしい。失敗してもいいから、もっと自分の幅を広げたい」と熱く語るその姿からは、役者という仕事を楽しみながらも、自分のさらなる可能性を追求している姿勢が垣間見える。それはまさに本作で阿部が演じている羽生の情熱にも通じるものだと感じられた。

(C) 2016『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』は3月12日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク