シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小栗旬&妻夫木聡
『ミュージアム』
壮絶すぎるクライマックスシーンは貧血寸前!
『ミュージアム』小栗旬&妻夫木聡 単独インタビュー

取材・文:イソガイマサト 写真:高野広美

雨の日だけに発生する猟奇的な連続殺人事件。“アーティスト”を自称する犯人・カエル男の次なるターゲットは事件を捜査する刑事・沢村の妻子だった。そんな驚愕の展開で幕を開ける映画『ミュージアム』(大友啓史監督)で、主人公の沢村刑事にふんした小栗旬と、彼を追い詰めるカエル男=霧島早苗を怪演した妻夫木聡。プライベートでも交流のある二人が、映画での本格的な初共演を実現させた本作でどんな火花を散らしたのか? お互いをよく知る彼らだからできた、壮絶な撮影を振り返った。

■二人は役にどう臨んだのか?

Q:オファーを受けたとき、どう思いましたか?

小栗旬(以下、小栗):ハッピーな話ではないので最初はキツいな~と思いましたが、「この残酷描写をちゃんとやりきるんですか?」と聞いたら、大友監督が「ブレーキをかけるつもりはない」と言われたんです。それで、大友さんがそこまで言うなら飛び込んでみようかなと。それが正直な気持ちでした。

妻夫木聡(以下、妻夫木):僕はたまたま原作を読んでいたのですが、まさか自分にカエル男役のオファーが来るなんて想像していなかったから、最初は驚きました。でも、直感的に面白そうだなと思いました。

小栗:僕も「妻夫木くんにカエル男の話をしたら、好感触だった」という話を聞いて、妻夫木くんがやってくれるんだったら、こっちも遠慮しなくていいなという思いがありました。と同時に、どんな役づくりをしてくるんだろう? という興味もありましたね。

Q:キャスティングが逆だったらまだ想定内だったと思います。小栗さんはキャラものを演じることが多いですし、以前「『オレンジデイズ』みたいな企画は妻夫木くんのところに行ってしまう」とご自身も言われていたので、今回は意外な感じがしました。

妻夫木:そんなこと言ってたんだ?(笑)

小栗:そうそう、等身大の役が来ないってよくボヤいてた(笑)。でも、今回はかなり等身大の生身の人間の役だったから、非常に楽しかった。それこそ沢村は捜査一筋の家庭をかえりみない刑事なので、撮影中は自分の本当の家族とほとんど一緒に過ごしていなくて。地方で撮影していたこともあるけど、沢村を引きずったまま自宅に帰るのがすごくイヤだった。そういう意味では、僕もあの時期は家庭をかえりみない父親になっていましたね。

妻夫木:僕は逆に、特殊メイクでマックスの状態まで作り込んでいたので、芝居は落ち着いた感じでいこうかなという思いでいたんだよ。でも、楽しくなっちゃったんだろうね(笑)。楽しくて勢いでやっちゃったというわけではないけど、沢村を目の前にすると、どうしても遊びたくなっちゃって(笑)。カエル男(=霧島早苗)は沢村のことが大好きだから、彼を翻弄する計画もみっちり練ったと思うし、僕も沢村にちょっと恋をしているような感じで生きていたのかもしれない。

小栗:その感覚はすごくわかる。沢村は霧島の計画にまんまとハマッていくし、待ってました、そのリアクション! って感じだから、どんどん好きになっていくんだろうね(笑)。

妻夫木:本当にそう。撒き餌をしたら、すぐ食いついてきちゃう(笑)。

小栗:沢村は頭にすぐ血がのぼる奴だから、霧島の挑発に本当にひたすら翻弄され続けていた(笑)。でも、現場で会ったときは人相が全然違うから、妻夫木くんってこんな顔してたかな~? という不思議な感覚もあったよ。

■衝撃シーンの舞台裏

Q:衝撃的なシーンが連続する作品ですが、ビルの上で、沢村が新米刑事・西野のネクタイをつかんで宙吊りにしているカエル男と対峙するシーンは特に緊張感がありました。

小栗:あのシーンは本当にすごく高いビルの上で撮影したし、西野を演じた(野村)周平は安全帯を着けてはいるけれど、実際に吊るされた状態で立たされていたから、否が応でも緊張感があって、ドキドキしました。

妻夫木:あれはけっこう怖いよね。

小栗:怖いよ~。周平くんって、どちらかと言うとスリルが好きな子だと思うんだけど、その周平が「いや、ちょっと怖いっす」って言っていたから、相当だよ。俺、周平のあの役できないかもってマジで思ったからね(笑)。

■壮絶すぎるクライマックスは“第1回過呼吸大会”

Q:詳細は明かせませんが、沢村と霧島が、拉致監禁されていた沢村の妻・遥(尾野真千子)と息子の将太を挟んで対峙するクライマックスシーンは壮絶でしたし、みなさんの熱演に圧倒されました。

小栗:あのシーンはある意味、尾野さんに引っ張ってもらったところがあるし、尾野さんという女優はすごいと思った。乗せてるエンジンが違う感じがしたよね。

妻夫木:スゴい人だね、あの人。僕から見ると、小栗や瑛太は子供ができて変わったところがあるんだよ。ちゃんとお父さんなんだよね。子供を持ったからこそ、子を亡くす痛みや、家族の絆の大切さみたいなものも身をもって感じられるようになったと思うし、それが役にもかなり反映されている気がする。でもあの人は、子供がいないのにいる匂いがするから、スゴいな~と思った。

小栗:あの最後のシーンは本当にみんな貧血になりそうだったよね(笑)。

妻夫木:そうそう。俺までうっかり仲間入りしちゃって。あの状態の妻子の前で沢村と共にいられる環境がすごく気持ちよかったから、沢村の家族だけが本来は盛り上がるべきなのに、こっちまで盛り上がっちゃった(笑)。

小栗:それで第1回過呼吸大会みたいになって、3人でハーハーやっていたら、奥でいちばんハーハー荒い息をしている大友監督がいて(笑)。撮っているうちにだんだん沢村になっていっちゃう人だから、僕が苦しくなってくると、監督も一緒に苦しくなっていくんだよね。それでカットがかかって大友さんのところに行くと、ハーハーしながら「もうちょっとキツくてもいいかな」みたいなことを言うから、何なんだろう、この現場は? って思ったよ(笑)。

妻夫木:でも、大友さんの現場は基本、どのカットもはじめから終わりまで通しでやるから疲労度はハンパないよね。特に最後のシーンは沢村家のみんなは極限状態まで追い詰められているわけだから、毎回全力投球じゃないとダメだったし、かなりヘビーだったんじゃない?

小栗:僕は、あのシーンに寝ずに臨んだし、実際に(劇中の)ハンバーガーしか食べていなかったので、なかなかしんどかった。ただ、そこで本当に倒れても仕方がないから、途中からお昼のお弁当をほんの少しだけ食べるようにはしていたけどね。

■今回の共演で相手に対して感じたこと

Q:今回初めて本格的に共演されて、改めて相手のスゴさを感じた瞬間はありましたか?

小栗:ブッキーの役に対するアプローチを聞いていて、以前からすごいな、そこまでやっているからああいう芝居ができるんだなと思っていたんですよね。役づくりって、要はどこまで突き詰めるのかだと思うし、わからないことをわかるためには何かしら負担を自分にかけないと絶対にダメだとも思っている。だから、僕もいろいろなチャレンジをするようにしているけれど、上には上がいて。ブッキーはその中の一人だし、今回の現場でそれを身をもって感じました。

妻夫木:自分ではよくわからないんだけどね。好きでやっているだけだし、芝居が上手いとも思わない。スイッチが入ればいいけど、不器用だから、そのスイッチがどこにあるのかもわからない。やるしかないんだよね(笑)。

小栗:でも、二人でお酒を飲んでいるときに、自分がいま抱えている不安を話してくれることがあるじゃない? それを聞いて、ここまで突き詰めてやっている人でもまだ不安なんだ? ブッキーでも不安を抱えているんだから、俺がくよくよしていてもいいんだよなって、ちょっとホッとしたりもするんですよ。

妻夫木:逆に僕にとっては、30歳を過ぎて落ち着きたいと思う人が増えていく中、好奇心旺盛で、常に挑戦し続けている小栗は面白い存在だよ。ケツを叩かれているような気持ちになるし、負けていられないとも思うからね。

二人の言葉からは、互いをリスペクトし、刺激し合っている彼らの関係性がしっかりと伝わってきた。そして同時に、日本映画界のトップを突っ走る彼らが“正義”と“悪”の構図で手加減なしに激突する作品を誕生させたことで、日本映画もやればできる、という未来への可能性を感じることもできた。妻夫木もこう語っている。「見終わったときに、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を初めて観たときのようなスカッとした感触がありました。日本でもそういう作品が作れて、自分もそれに関われたのはうれしかったですね」。

映画『ミュージアム』は11月12日公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 10日
  5. 『ミュージアム』小栗旬&妻夫木聡 単独インタビュー