シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

D・ワシントン、受賞レースで人種差別問題は意識せず

 しばしば人種差別主義的であると非難されるハリウッドだが、デンゼル・ワシントンは、オスカー受賞レースを黒人と白人の間での賞の奪い合いとは見ていないと語った。ワシントンは、ロサンゼルスで開かれた彼の新作『ジョン・Q』(原題)のプレミアの席で、「僕はそのことを、それほど問題にしていない。僕が『マルコムX』で候補に挙がった年、アル・パチーノが『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』で受賞した。彼はそれまで、8回も候補に挙がっていた。もし、彼があの時受賞しなかったら、彼は何のせいにしただろう?僕は過去に4回ノミネートされ、1回受賞しているんだし、責められるのは僕の方だろう」と語っている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 2月
  4. 13日
  5. D・ワシントン、受賞レースで人種差別問題は意識せず