シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ディズニー、犬映画でヒットを狙う

 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは、『キャッツ&ドッグス』や『スクービー・ドゥー』のヒットを受けて犬が登場する家族向け作品を製作することを決定した。作品は59年の映画『ボクはむく犬』を現代向けにリメイクするもので、家族思いの父親が怪しげな呪文によってむく犬に変身するようになってしまうファンタジー・コメディだ。監督は現在のところ明らかにされていないが、脚本はTV界出身のジャック・アミエルとマイケル・ベグラーが手掛ける。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 7月
  4. 17日
  5. ディズニー、犬映画でヒットを狙う