シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

反戦思想で今度はT・ロビンスもキャンセル

 ケヴィン・コスナー主演の野球映画『さよならゲーム』の製作15周年を記念したイベントがニューヨークにある野球の殿堂で予定されていたが、当日出席予定だったスーザン・サランドンとティム・ロビンスが反戦思想を理由にキャンセルされた。ロビンスはこの判断に憤慨し「野球を共和党のスポーツに変えようとしている」と野球の殿堂の会長を非難。共和党員であるコスナーさえも「今回の判断は民主主義に反する」とコメントしている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 4月
  4. 14日
  5. 反戦思想で今度はT・ロビンスもキャンセル