シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

J・キャリーの新作でイタズラ電話急増

 封切りされた週末に『マトリックス・リローデッド』を抜いて1位になったジム・キャリーの新作『ブルース・オールマイティ』(原題)が一般市民に迷惑をかけている。スクリーンにでた神様の電話番号に「もしもし、神様ですか?」とかける人が急増しているのだ。キャリー演じる天気予報士はバッファロー市に住んでいる設定になっており、製作側はバッファロー市内でこの番号が未使用であることを確認して撮影にのぞんだ。しかし、他の都市では同じ7桁の番号を使用している人がおり、毎日かかってくる約30件の電話に気が狂いそうになっているという。これに対しユニバーサル・ピクチャーズは「ストーリーはあくまでもフィクション」とコメントするにとどまっている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 5月
  4. 30日
  5. J・キャリーの新作でイタズラ電話急増