シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

H・ベリー、殴られるのは真っ平?

 『ゴシカ』(原題)に出演するハル・ベリーが、劇中に登場する暴力シーンを削るよう主張している。ベリーが演じるのは精神科の専門医で、自分が患者になってしまう役で、暴力シーンの中にはベリーが殴られる部分もある。不安を感じたベリーは、実際に精神科の看護士をしている母親に相談したそう。ベリーは「母の助けは、行き過ぎたストーリーに真実を戻してくれると思うわ」と語っている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 11月
  4. 19日
  5. H・ベリー、殴られるのは真っ平?