シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

C・ゼタ=ジョーンズ、今度は敗訴

訴訟好きとも思えるキャサリン・ゼタ=ジョーンズが今回の裁判では敗訴となった。現在建設中の家のプライバシーを守ろうとして起こした訴訟だったが、内容は少々身勝手すぎるようにも思われる。彼女は、すぐ近所に住む男性が自宅で営んでいるテレコミュニケーションの会社を閉鎖させるよう裁判所に申し出たのだ。理由は、取引先や宅配などの出入りが多いため、自分のプライバシーの侵害になるというもの。建設中の180万ドルの家にはゼタ=ジョーンズの両親が住む予定だが、今後2年間はこの男性の営業権を認められる結果となった。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 3月
  4. 8日
  5. C・ゼタ=ジョーンズ、今度は敗訴