シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ベン・アフレック、スーパーマン俳優に扮する

ベン・アフレック、スーパーマン俳優に扮する
日本では3月に『世界で一番パパが好き』が公開予定のベン・アフレック

 ベン・アフレックが、『トゥルース,ジャスティス・アンド・ザ・アメリカン・ウェイ』(原題)で主演を務めることが決まった。すでにエイドリアン・ブロディの出演が決まっている同作は、50年代の人気TVシリーズ「スーパーマン」で主役のクラーク・ケント役に扮したジョージ・リーヴスの半生を描くもので、映画ではスーパーマンのイメージがあまりに強すぎてその後の俳優活動に行き詰まったリーヴスの拳銃自殺の謎に迫るストーリー展開となる。アフレックがリーヴス役に扮し、ブロディがリーヴスの自殺の謎を追う刑事役を演じる。ダイアン・レインがリーヴスと恋愛関係にあったと言われている映画スタジオの重役の妻で共演し、監督は人気TVシリーズ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」のアレン・コールターがあたり、脚本はポール・バーンバウムとハワード・コーダーが手掛ける。撮影は今夏から開始される予定だ。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 2月
  4. 25日
  5. ベン・アフレック、スーパーマン俳優に扮する