シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ケネス・ブラナー、日本が舞台のシェイクスピア作品へ

 ケネス・ブラナーが、5作目のシェイクスピア作品「お気に召すまま」の映画化で監督のイスに座る。この作品は、ケヴィン・クラインやアルフレッド・モリーナらが出演し、舞台は19世紀の日本となる模様。ブラナー監督は、「相撲、武道、桜の花などが登場し、ドラマ性と喜びが重なって非常に楽しい映画が出来ると思う」と語っている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 4月
  4. 27日
  5. ケネス・ブラナー、日本が舞台のシェイクスピア作品へ