シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マーティン・スコセッシ、次回作は遠藤周作の「沈黙」

マーティン・スコセッシ、次回作は遠藤周作の「沈黙」
マーティン・スコセッシ監督 - Jamie McCarthy / WireImage.com / MediaVast Japan

 マーティン・スコセッシ監督が、次回作で遠藤周作の小説「沈黙」を映画化することを明らかにした。「沈黙」は、17世紀の日本を舞台に、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる長崎にやって来た二人のポルトガル人宣教師の悲劇を描いた作品で、スコセッシは同小説を映画化するために10年間も企画を温めていたそうだ。同小説は、日本では篠田正浩監督によって1971年に『沈黙 SILENCE』として映画化されている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • スコセッシの「沈黙」はいまだに沈黙 from Mizumizuのライフスタイル・ブログ (2007年8月17日 4時22分)
    マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作原作の「沈黙」の映画化についに着手すると発表されたのが2005年11月。その後この企画はどうなっているのだろう? 2007年5月のcontactmusicの英文記事によるとまだ撮影は始まっていないようだ。ついでに同記事にはおもしろい話が... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 11月
  4. 17日
  5. マーティン・スコセッシ、次回作は遠藤周作の「沈黙」