シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジョージ・クルーニー、脊髄損傷の過程を告白

ジョージ・クルーニー、脊髄損傷の過程を告白
ジョージ・クルーニー - James Devaney / WireImage.com / MediaVast Japan

 モロッコで『シリアナ』(原題)の撮影中、脊髄を痛めて椎間板ヘルニアの手術を受けたジョージ・クルーニーが、事故が起こった状況を説明した。クルーニーは、目の前にある机を蹴ってまたぎ飛ぶシーンで、タイミングがずれて頭を打ってしまった。その際、口から髄液が漏れ始め、パニックに陥って病院に運ばれたそう。撮影後1年経ち、2度の手術を経ても、頭痛や短期間の記憶障害は治っていない。クルーニーは「このシーンは20回から30回ほどテイクされ、その時に頭に机が当たったんだ。僕自身の失敗だよ。もう34歳じゃなく、44歳なんだし、体重を増やしていたから、通常とは違うとわかっていたはず。健康を失いかけると、それが何よりも重要だと思うようになる」と語っている。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 12月
  4. 5日
  5. ジョージ・クルーニー、脊髄損傷の過程を告白