シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ランディ・クエイド、『ブロークバック・マウンテン』の出演料をめぐって訴訟

ランディ・クエイド、『ブロークバック・マウンテン』の出演料をめぐって訴訟
ランディ・クエイド - Jeff Vespa / WireImage.com / MediaVast Japan

 ランディ・クエイドが、『ブロークバック・マウンテン』のプロデューサーにだまされ、低いギャラで同映画に出演させられたと訴訟を起こした。訴状によると、クエイドは出演交渉の際、この映画は低予算映画で、興行収入も見込めないアートフィルムとの説明を受けたという。そのため、通常の出演料よりもはるかに安い金額と興行収入のパーセンテージをもらう契約を交わした。しかし、製作された映画は、低予算とはかけ離れ、世界で封切られるというビッグな映画となり、クエイドは自分の出演料を下げるために意図的にだまされたと主張。最低1000万ドルの賠償金を求めている。一般に低予算映画と言われている映画の製作費は、50万ドルから700万ドルだが、『ブロークバック・マウンテン』の製作費は約1500万ドルだった。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ハリウッドでは商業的利益を上げるために映画スターが殺されている」 from NEW WAY.NEW LIFE (2010年10月28日 19時35分)
    映画【ブロークバック・マウンテン(Brokeback Mountain)】【インデペンデンス・デイ(Independence Day)】などへの出演で知られるアメリカのハリウッド俳優ランディ・クエイド(Randy Quaid)とその妻が、アメリカのセレブを標的とする殺し屋集団に命を狙われていると主張... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 3月
  4. 27日
  5. ランディ・クエイド、『ブロークバック・マウンテン』の出演料をめぐって訴訟