シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

東野圭吾、山田孝之はカッコよすぎる?

東野圭吾、山田孝之はカッコよすぎる?
東野圭吾

 5日、東野圭吾の同名小説を映画化した『手紙』の完成披露試写会のあと、原作者である東野氏の特別記者会見が行われた。原作者単独の会見は、映画のプロモーションとしては異例中の異例。

 『手紙』は殺人事件の加害者家族の苦しみを描いた重いテーマの社会派ドラマだけに、直木賞作家である東野氏が自らの言葉で、作品に込めた思いと映画について真摯(しんし)に語った。

 東野作品の映画化は『秘密』『g@me.』などに続き、これで6作目となる。会見直前、主演の山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカらと一緒に舞台あいさつに出席した東野氏は「(舞台あいさつは)3回目ですが、正直、居づらい。映画に参加しているのは作者ではなく本なので、本に代わって立っているつもり」とシャイな一面を見せた。

 小説と映画では、異なる設定や展開がある。最も顕著な変更点として、主人公の目指す世界が「歌」から「お笑い」になっているが、東野氏は「お笑い芸人というのは、悲しくても笑わなければならない。映像的に表現する上で、とても効果的だったと思う」と評価した。また、映像化された感想として「当然、役者さんは美男美女ばかりなので、小説に書かれているよりも輝きがある。山田くんがどんなに泥まみれになってもカッコイイですしね。小説ではものすごく格好悪いところが、予想以上に格好良かったりして……」と、あまりにも美形すぎる俳優陣に“不満(?)”をもらしていた。

 『手紙』を発表した直後から、東野氏の元には「世の中の事件の見方が変わった」と、読者からたくさんの声が寄せられたという。中には「なぜ自分たちの苦しみが分かるのか」という受刑者からの手紙もあったとか。影響の大きさについて東野氏は「作品を読んでいろいろと考えてもらうのは良いことだし、希望するところでもある。でも、加害者の家族を考えることも大事だけれど、これ以上、加害者を存在させない(事件を起こす人を出さない)という、いちばん簡単なことに、みんなが気付いてくれたら」と信念を込めた力強い言葉で締めくくった。

『手紙』は11月3日(金・祝)よりサロンパス ルーブル丸の内ほかにてロードショー。
『手紙』公式サイト<http://www.tegami-movie.jp/>


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 手紙(主演 沢尻エリカ、山田孝之、玉山鉄二)動画有 from エンタメ動画日記 −映画等の紹介− (2007年1月4日 0時58分)
    テーマは、犯罪加害者の家族 犯罪を犯す時、その先の将来をどこまで考えていれたんだろうか・・ どこまで見えていたんだろうか・・・・ そんな事を考えさせられた映画です。 主人公は殺人を犯してしまった兄(玉山鉄二)の弟、直喜(玉山鉄二) この直喜の・・・殺人犯の弟という運命を背負った高校生が成人し、やがて自分の家族を持つにいたるまでの軌跡を、綴った作品です。 この兄弟は、早くに両親を亡くし、二人助けあい手を取り合って生きてきた。兄は、自分には学がなく肉体労働でしか稼ぐ術がな... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 東野圭吾原作の映画『手紙』 from 5次元空間を考える? (2006年10月11日 17時18分)
    東野圭吾さんの小説の映画化は、これが6本目とか「秘密」「G@ME.」「レイクサイドマーダーケース」「宿命」「変身」意外と観ているすごくよかったかというと、それほどでもないが・映画化されたら観てしまうGyaoの「手紙」の予告編を観ると、小田和正の歌と相まって、胸... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シネマトゥデイ from an everlasting peace. (2006年10月8日 0時23分)
    「手紙」完成披露試写会のあと原作者である東野圭吾さんの特別記者会見がありました。 『【動画ニュース】山田、沢尻さん 舞台あいさつ』 『東野圭吾、山田孝之はカッコよすぎる?』 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 10月
  4. 6日
  5. 東野圭吾、山田孝之はカッコよすぎる?