シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アムロ、飛雄馬の声優・古谷徹、体重60キロ以上の役は芸歴初!【第19回東京国際映画祭】

アムロ、飛雄馬の声優・古谷徹、体重60キロ以上の役は芸歴初!
巨漢いきま~す!(古谷徹)

 ヴェネチア国際映画祭で世界を熱狂させた今敏監督のアニメーション『パプリカ』が、東京国際映画祭にて今年度はじめて開催されるanimecsTIFF&digitalTIFFの共同オープニング作品として選ばれ、初めて一般の観客に披露された。

 この日は今敏監督、原作者の筒井康隆、ベテラン声優、古谷徹が舞台あいさつに訪れ、場内は大盛り上がり! 

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」のアムロや「巨人の星」の飛雄馬の声などを務めた日本を代表する声優の一人、古谷徹は本作で巨漢の技術者の声を演じる。

 古谷徹といえばハンサムなヒーローの声が定番。本人も「僕は体重60キロ以上の役をやったことがないので、最初オファーが来たときは、事務所の人と話して、お断りしようかと考えていました。僕のイメージする巨漢の人の声と実際の僕の声があまりにもギャップがあり、映画を壊してしまうかと思っていたのですが、監督から、時田(古谷が担当したキャラ)は今まで僕がやってきたような、純粋な少年のイメージで演じてほしいとの要望があり、引き受けることにしました。今は、断らないでよかったと思います」と長い芸歴の中で初めて演じた“巨漢”であることを明かした。

 また、原作者の筒井康隆は「心理学の権威である河合隼雄さんから人を癒す作品であるというお墨付きを頂きました。映画「パプリカ」も癒しの効果がある作品です。皆さんどうぞ癒されてください」と語り、今監督は「『パプリカ』の服用上の注意としていろいろ奇妙なイメージが出てきます。ひとつのイメージについての意味や、ストーリーの伏線ではないかなどと考えると映画においていかれます。私自身もアップテンポにしすぎたかなと思いますが……(笑)」と内容にふれるコメントをしていた。

『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』と世界的にも評価が高い今敏監督の新作『パプリカ』は、前作をしのぐハイクオリティーのアニメーションに仕上がり、観客の満足度も満点だった。

 
『パプリカ』は11月25日(土)よりテアトル新宿にて公開
オフシャルサイト<http://www.sonypictures.jp/movies/paprika/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 10月
  4. 26日
  5. アムロ、飛雄馬の声優・古谷徹、体重60キロ以上の役は芸歴初!