シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マイケル・J・フォックス、政治CMでの「演技」を非難される

マイケル・J・フォックス、政治CMでの「演技」を非難される
マイケル・J・フォックス - Stephen Lovekin / WireImage.com / MediaVast Japan

 パーキンソン病を患っているマイケル・J・フォックスが、アメリカのテレビで政治キャンペーンの広告に出演した際、病のために体が震えていたのに対し、「誇張した演技」と非難された。このCMは、幹細胞組織の研究をサポートしている民主党議員への投票を促すもので、30秒のCMの中でフォックスがインタビューに答える間、震えのためピンマイクに雑音が入った。このCMに対しラジオのコメンテーターであるラッシュ・リンボー氏は、自らの番組の中で「同情を買うための恥ずかしい行為」とコメント。フォックスはこれに対し、CM出演はパーキンソン病の治療への純粋な気持ち、と反論した。リンボー氏は後に、発言について謝罪している。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マイケル・J・フォックスの選挙CMの背景 from Muse on Music. (2007年1月15日 13時17分)
    ここ数日、アクセス数がかなり増えている。前回の記事で「名器」について触れたので、世の中にはそんなに「名器」を必要とする人がいるのか!?なんて思ってしまったが・・・そういうわけではなかった(笑)。アクセス解析によると、だいぶ前に書いたマイケル・J・フォック.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • マイケル・J・フォックスが from 掬ってみれば無数の刹那 (2006年11月5日 18時58分)
    パーキンソン病に冒された痛々しい姿をカメラの前にさらして、 病気を克服するための幹細胞研究を支援しようと訴えています。 Actor Fox sparks debate, support for stem cells (Reuters USA) YouTubeにあった動画を、こちらでもご覧になれます。 ちなみに、このキャンペーンはミズーリ州のある候補を応援するためのものなので、 対立候補の陣営などから、「過剰な演技」との批判が出ているそうです。 マイケル・J・フォックス、政治CMで ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 11月
  4. 1日
  5. マイケル・J・フォックス、政治CMでの「演技」を非難される