シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

椎名林檎が3年ぶり復活!安野モヨコ原作『さくらん』音楽監督

椎名林檎が3年ぶり復活!安野モヨコ原作『さくらん』音楽監督
常に独特の世界観の音楽を世に送り出す椎名林檎

 人気漫画家、安野モヨコ原作「さくらん」が映画化され、2007年2月24日に公開される。主演は『下妻物語』でもその存在感が光っていた土屋アンナ。そして、音楽監督は椎名林檎が担当することが発表された。椎名はこれをきっかけに新作を制作。3年ぶりの本格的復活となる。

 『さくらん』の舞台は江戸時代の吉原。華やかなであやしげな花魁(おいらん)の世界を描く。椎名の独特な世界観とのマッチングで作り出される映像が楽しみだ。

 『さくらん』の配給元アスミック・エースに椎名林檎からコメントが寄せられた。以下、独特な文字の使い方のまま原文を掲載。

 (原文ママ)「お話を戴いて先ず思い浮かべたのは、をんなの誇りに纏わる普遍的な情景でした。江戸だろうが平成だろうが、をとこを知らねば、をんなは自分自身を知ることすら難しい生き物です。原作を拝読して一層それを意識させられました。人物各々の個性は役者さん方が素晴らしいお芝居で表現なさってますけれど、ことをんなと言う点に於いては皆さん同じく麗しい苦悩の色をお出しになっている様に感ぜられました。をんなであることを受け入れ、素直に生きる悦び……そうしたしなやかさと強さに満ち満ちた音を納品する様一貫して心掛けたつもりです。〆切までの怒涛の日々は、孤独な個室から大きな録音スタヂヲに至るまで終始楽しませて戴きました。自分のアップルコンピュータに入れた実花監督独特の赤い映像の内、何処へどの様な音を付けても良いと言う何にも代え難い歓び。これは明らかに私だけのものでした。こんな素敵な機会を下さった監督に感謝して居ります。それから私の『独りバブル』にお付き合い下さった編曲・斉藤ネコ氏と、録音・井上雨迩氏始め演奏家の皆さん、ご理解下さった方々に感謝致します。そしてこれからご覧下さる皆様、是非全身を駆使なさって存分に楽しんで下さいませ」

『さくらん』は2007年2月24日渋谷シネクイント、新宿ジョイシネマ、シネリーブル池袋ほか全国公開。
オフィシャルサイト
<http://sakuran-themovie.com/>


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 10月
  4. 31日
  5. 椎名林檎が3年ぶり復活!安野モヨコ原作『さくらん』音楽監督