シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

リアルすぎる内容!受刑者も涙…刑務所で『手紙』上映

リアルすぎる内容!受刑者も涙…刑務所で『手紙』上映
『手紙』劇中シーンより。玉山鉄二。 - (C) 2006『手紙』製作委員会

 11月3日より公開される『手紙』の慰問試写会が、千葉刑務所にて行われた。千葉刑務所は殺人・傷害致死、強盗、殺人で収監された受刑者が全体の67.6%という長期受刑者を収容している。

 本作は、東野圭吾のロングセラー小説を映画化した社会派人間ドラマ。殺人を犯した兄(玉山鉄二)のせいで、人生を狂わされる弟(山田孝之)の日常を描いた作品。

 この『手紙』の上映は、受刑者に対し、この作品を通して自分自身を見つめ直し改めて被害者について考えて欲しいと千葉刑務所が「特別改善指導」の一環として行ったものだ。744名もの受刑者がこの上映会に参加した。

 上映が始まると、犯罪者の家族として、世間から拒まれ、自らも殻に閉じこもる加害者の弟の姿にくぎ付けになる受刑者たち。

 本編のラスト、切っても切れない兄弟のきずなを象徴する場面では、静かに涙をぬぐう受刑者の姿が見られた。

 受刑者それぞれの事情は異なっても、本作で描かれる“加害者の家族”という共通した背景。1人1人が社会復帰するその日まで、121分の間で感じたことを真摯(しんし)に受け止めていって欲しい。

『手紙』11月3日よりサロンパス ルーブル丸の内ほかで公開。
『手紙』オフィシャルサイト<http://www.tegami-movie.jp/>


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 手紙(主演 沢尻エリカ、山田孝之、玉山鉄二)動画有 from エンタメ動画日記 −映画等の紹介− (2007年1月4日 0時58分)
    テーマは、犯罪加害者の家族 犯罪を犯す時、その先の将来をどこまで考えていれたんだろうか・・ どこまで見えていたんだろうか・・・・ そんな事を考えさせられた映画です。 主人公は殺人を犯してしまった兄(玉山鉄二)の弟、直喜(玉山鉄二) この直喜の・・・殺人犯の弟という運命を背負った高校生が成人し、やがて自分の家族を持つにいたるまでの軌跡を、綴った作品です。 この兄弟は、早くに両親を亡くし、二人助けあい手を取り合って生きてきた。兄は、自分には学がなく肉体労働でしか稼ぐ術がな... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 沢尻エリカと羽賀研二 「手紙」 from やせる映画・太る映画 (2006年11月4日 20時13分)
    沢尻エリカ、関西弁超ウマい! とか、どこぞのネエちゃんがテレビで言ってた。 関西人なら口を揃えてこう言うと思います。 ありえへんっ あの関西弁は酷すぎです。 もう羽賀研二レベル。 まぁ羽賀研二の場合はム ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 11月
  4. 2日
  5. リアルすぎる内容!受刑者も涙…刑務所で『手紙』上映