シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

クリント・イーストウッドが二宮和也に熱い視線! 感涙の『硫黄島からの手紙』プレミア

クリント・イーストウッドが二宮和也に熱い視線! 感涙の『硫黄島からの手紙』プレミア
クリント・イーストウッド

 15日夜、『硫黄島からの手紙』のワールド・プレミアが日本武道館で行われた。クリント・イーストウッド監督をはじめ、渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、プロデューサーのロバート・ローレンツ、脚本を手掛けたアイリス・ヤマシタらが参加した。雨の中、一目、イケメン俳優陣を見ようと、日本武道館の外に敷かれたレッドカーペットの周りには、約500人のファンが集まった。

 その後、日本武道館ではワールド・プレミア上映前にスタッフ、キャストによる舞台あいさつが行われた。約6500人の観客を前に、イーストウッド監督は「この映画は、戦争の勝ち負けではなく戦争のむなしさが描かれています。この映画を戦場に行った若者たちに捧げたいと思います」とあいさつすると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。

 渡辺は感無量といった様子で目を潤ませながら、「この映画に参加できたことを本当にうれしく思います。僕たちが(撮影で)感じた硫黄島の苦しみ、悲しみ、少しだけの喜びを皆さんも体感して下さい」と熱く語り、二宮は「(映画を通して)硫黄島の戦いという事実に触れ、(観客が)感じたことが、この映画の証になると思います。この映画を大事にしていって下さい」と真剣な面持ちであいさつをした。

 隣にいたイーストウッド監督は、二宮を「日本にも有望な若者がおるの~」といった様子で、優しいまなざしを送っていた。その視線に気づいた二宮は苦笑いだった。

 ワールド・プレミアに招かれた日本人著名人も嵐の櫻井翔や坂口憲二、蛯原友里や押切もえなど舞台上に並んでいる俳優にも負けないくらい、美男美女が来ていた。

『硫黄島からの手紙』は12月9日より丸の内ピカデリー1ほかで公開。
『硫黄島からの手紙』公式サイト<http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 硫黄島からの手紙 from 【ムービーレビュー】映画の感想 (2008年5月9日 19時41分)
    この映画で一番感じたのは、リアル感です。 軍事力で圧倒的優位である米軍から 硫黄島を守る日本軍の緊迫感が 伝わってきました。 戦争映画にリアリティを求める人に お勧めです。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 日本は硫黄島で米国に2回負けた~「硫黄島からの手紙」 from 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記 (2006年12月28日 14時31分)
    一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人が硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、というか硫黄島2部作をイー.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む from soramove (2006年12月17日 9時34分)
    「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督が... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 硫黄島からの手紙 from 読書ブログ (2006年12月10日 23時45分)
    『硫黄島からの手紙』を観てきました。とても重い映画でしたが、すばらしかったです。 この映画はクリント・イーストウッド監督によるもので、太平洋戦争における硫黄島での戦闘を、アメリカ側の視点で描かれた『父親たちの星条旗』の続編として、同じ硫黄島の戦闘を... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「硫黄島からの手紙」を観てきました! from 池下事務所(社会保険労務士・行政書士・マンション管理士)のくらしの相談室 (2006年12月9日 22時23分)
    人気blogランキングへ 10月に公開された「父親たちの星条旗」に続き12月9日から公開の「硫黄島からの手紙」を観てきた。いずれもクリント・イーストウッドが監督を務めた話題作。硫黄島は東京都小笠原諸島の中のひとつの島で文字通り硫黄が吹き出てくる草木の少ない島.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「硫黄島からの手紙」Vol 1…「散るぞ悲しき」を読んで from ほたるのひとり言 (2006年12月9日 1時0分)
    国の為  重きつとめを果し得で  矢弾尽き果て  散るぞ悲しき                     -栗林忠道 辞世の句- 梯 久美子著の「散るぞ悲しき」は、日本軍の硫黄島総指揮官であった栗林中将を主人公に、栗林中将が硫黄島から家族へ宛てた手紙を引用しながら、栗林中将の温かい人間愛を描いている。飲み水は涸れ、弾丸尽きる凄惨な戦場と化した硫黄島で、本土防衛の最前線として、兵士達は、国の為というより自分達の家族を守る為に戦った。その総指揮官・栗林中 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 11月
  4. 16日
  5. クリント・イーストウッドが二宮和也に熱い視線! 感涙の『硫黄島からの手紙』プレミア