シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アンジェリーナ・ジョリーのボディー・ガード、ムンバイで逮捕される

アンジェリーナ・ジョリーのボディー・ガード、ムンバイで逮捕される
アンジェリーナ・ジョリー

 『ア・マイティ・ハート』(原題)の撮影のため、インドに滞在中のアンジェリーナ・ジョリーだが、撮影地ムンバイの学校で、ボディー・ガード3人が子供たちの親を侮辱したとして逮捕された。その日ジョリーは、イスラム教徒の教育施設「アンジャマン・イスラム」で撮影を行っていたが、学校の門の外には子供たちを迎えにきた親が集まっており、ボディー・ガードの3人によって、中に入ることを繰り返し制されたため、乱闘となってしまった。娘を迎えに来た親の一人、カーン氏は「ムカつくインド人と呼ばれ、体を押された」とコメント。3人のボディー・ガードは、宗教を侮辱した罪と脅迫罪、平和を乱そうとした罪で逮捕された。3人はいずれもイギリス人で、それぞれ6万円ほどの保釈金を支払い解放されたが、この事件により、シーンの撮影は校外へと移されることとなった。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 11月
  4. 24日
  5. アンジェリーナ・ジョリーのボディー・ガード、ムンバイで逮捕される