シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

激しいベッドシーンに挑戦した寺島しのぶの好きなセリフは「お任せします」

激しいベッドシーンに挑戦した寺島しのぶの好きなセリフは「お任せします」
豊川悦司と寺島しのぶ。

 13日、“愛ルケ”ブームを生んだ渡辺淳一の同名小説を映画化した『愛の流刑地』が、初日を迎え、有楽町の日劇2で、豊川悦司、寺島しのぶら主要キャストによる舞台あいさつが行われた。
 
 数多くの名台詞がある同作にちなんで、出演者たちが特に気に入っているセリフを選び、観客に披露。各人の恋愛嗜好が垣間見られるこだわりがあふれるチョイスに、客席はもちろん、キャスト同士も興味津々の様子だった。

 主人公の菊治を演じた豊川悦司が選んだのは、「もちろんです!」というセリフ。これは、寺島演じる不倫相手の女性から、また会ってもらえるかと聞かれた菊治が即答した返事だった。「よっぽどうれしかったんでしょうね、このおっさんは(笑)。でも、イヤなことが多い今の世の中、ちょっとがんばってイエスと言えるのはとても大切なこと」と豊川。

 一方、激しいベッドシーンに挑戦した寺島しのぶは、「お任せします」というセリフを選び、「実生活でもこうありたいですね(笑)」とコメント。すべてを一人の男性に投げ出し、ついには死に至った女性の心情を表すこの一言に、映画を見終わったばかりの観客も、改めて深いため息をついていた。

『愛の流刑地』は1月13日より絶賛公開中。
『愛の流刑地』オフィシャルサイト<http://www.airuke-movie.com/>


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 1月
  4. 15日
  5. 激しいベッドシーンに挑戦した寺島しのぶの好きなセリフは「お任せします」