シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

木村拓哉、ベルリンの女性の心もがっつりつかむ【第57回ベルリン国際映画祭】

木村拓哉、ベルリンの女性の心もがっつりつかむ
海外メディアからも「ビューティフル」と大絶賛の檀れいと桃井かおり - (C)Kazuko Wakayama

 2月9日(日本時間同日9日)、ベルリン映画祭で公式上映された『武士の一分』の記者会見が行われ、三村加世役の檀れい、波多野以寧役の桃井かおりが登壇した。

 二人の女性のあでやかな着物姿にフォトセションに集まった海外のマスコミからは「ビューティフル」の嵐。なんとテレビカメラが20台、そのほかのプレス60社と大注目をあびた二人だったが、あいかわらずマイペースの桃井は「ベルリンの人々は皆親切ですね。ところで私、ドイツ名物“アイスバイン”(豚肉や野菜の煮込み料理)が大好きなんです、おいしいお店知らないかしら(笑)」と余裕のコメント。この日、ベルリンに行けなかった主演の木村については「ベルリン中を歩き回って『武士の一分』を宣伝してます。世界に向けて(木村のことも)しゃべっておきました」と作品のアピールもしっかりとしていた。

 ベルリン映画祭で上映された『武士の一分』はキャパシティ1000人の劇場が満席状態。上映終了後、エンドロールが流れても席を立つ観客は一人もいなく、エンドロールの最後に山田洋次の名前が出ると、大きな拍手が沸いて全員がスタンデングオベーションになった。その拍手は鳴り止むことなく続き、ベルリンでの上映の大成功をうかがわせた。

 ベルリンでもやはり、主演の木村拓哉は注目の的で、メディアも「彼はすばらしいね」とほめたたえ、観客の女性も「主人公の三村新之丞役を演じた木村拓哉が、とてもすてきだった。決闘シーンの迫力には驚きがありました。ハンサムで良い俳優さんですね」と大絶賛し、われらが“キムタク”が世界に通用することが証明された。

 『武士の一分』が上映されたパノラマ部門は、映画祭の中でもメイン部門のひとつ。作家性の強い作品がとりあげられる。この部門での上映は観客賞、国際批評家連盟賞などの対象になる。

 第57回ベルリン国際映画祭は2月18日(現地時間)まで開催される。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 2月
  4. 13日
  5. 木村拓哉、ベルリンの女性の心もがっつりつかむ