シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

キム・ベイシンガー、留守番電話のテープを漏らしたことを否定

キム・ベイシンガー、留守番電話のテープを漏らしたことを否定
キム・ベイシンガー - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 アレック・ボールドウィンが残した娘をののしる内容の留守番電話テープをマスコミに流したのは自分ではないとキム・ベイシンガーが発表した。ベイシンガーのスポークスマンによると、このテープは秘密保持命令に含まれるものではないとした上で、「問題は、アレックが繰り返し主張している“子供を遠ざけようとしているというキムの態度”ではなく、彼の攻撃的な態度の方です」とコメント。ボールドウィンの弁護士は、「このテープが法定内で再生されたかどうかをマスコミに話すだけでも違反になるというのに、なぜベイシンガーがこのテープは秘密保持命令に含まれないと言うのかが理解できない」と言っている。今後も泥沼の争いが続きそうだ。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 4月
  4. 27日
  5. キム・ベイシンガー、留守番電話のテープを漏らしたことを否定