シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

女優なのにジャージ姿の石田えり、本音トークさく裂で浅野忠信は無口に

女優なのにジャージ姿の石田えり、本音トークさく裂で浅野忠信は無口に
(写真左から)板谷由夏、石田えり、畔上真次、浅野忠信、青山真治監督

 31日、青山真治監督の最新作『サッド ヴァケイション』の完成披露試写会が行われ、浅野忠信、石田えり、板谷由夏、子役の畔上真次と監督が舞台あいさつに登壇した。本作は青山監督が母性をテーマに女性を描き、新境地を開拓したことが話題を集めている。その映画のとおり、女性陣の元気さに男性陣が押され気味の舞台あいさつだった。

 石田えりは、スウェットの上下という女優とは思えないラフな格好で現れ、司会者に「家から走ってきたんですか?」と突っ込まれていた。しかし、そんな飾らなさからも「タフで、かわいくて、ゆるぎない女性」という映画で演じた役をそのまま地でいくような魅力が感じられた。コメントも容赦なく、監督のことを「最初のころのイメージは、お腹まわりがこんなに太くて、髪が長くて、こんな人がいい映画撮れるのかって思った」と率直な発言で周囲をヒヤッとさせたが、「でも、今はこの人なら間違いなくいい作品を作るだろうという風に変わりました。さすが女優さん(とよた真帆)と結婚された方ですね」と監督を信頼するようになったことを語った。青山監督も「ほら、怖いですね。こんな感じで撮影中もずっと石田さんが怖かったです」と石田の迫力にタジタジだった。

 本作は北九州が舞台ということで地元出身の板谷由夏が浅野に方言を教えたということで、板谷は「浅野くんからイントネーションはどう? と聞かれましたが、普段からすっかり北九州弁になっていた」と浅野の方言に太鼓判を押していた。浅野は板谷より2歳年上のはずだが、後輩に「浅野くん」と言われても優しく微笑んでいた。舞台あいさつの間、元気な女優2人の横で主演の浅野忠信が一番物静かだったのが印象的だった。

『サッド ヴァケイション』は今秋よりシネマライズほかにて公開。
『サッド ヴァケイション』オフィシャルサイト <http://www.sadvacation.jp/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 6月
  4. 1日
  5. 女優なのにジャージ姿の石田えり、本音トークさく裂で浅野忠信は無口に