シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「007」シリーズ最新作発表!今年は「007」原作者生誕100年!

「007」シリーズ最新作発表!今年は「007」原作者生誕100年!
ダニエル・クレイグら出演者たち - Dave Hogan / Getty Images

 ショーン・コネリー、ロジャー・ムーア、ピアース・ブロスナンなどがジェームズ・ボンドを演じた『007』シリーズ。その22作目にあたる映画『007/クォンタム・オブ・ソラス』(原題)の製作発表会見が行われ、前作より引き続きボンドを演じるダニエル・クレイグら出演者と、監督のマーク・フォースターが登壇した。

 前作の映画『007/カジノ・ロワイヤル』に引き続きボンドを演じる、クレイグは今作に対して、「この作品ほど、前作との違いを出すのが難しい作品はない。タイトルの意味については映画を観ながら考えてほしい。これがありきたりな物語になるわけはない。だって、これはボンド映画なのだから」とコメントした。

またフォースター監督は「最新作は前作の『007/カジノ・ロワイヤル』のエンディングシーンから始まり、前作よりもアクションが倍増し、よりボンドの内面を描いていく。原作はフレミングの作品の中でも異色のもの。陰謀やスパイ活動などより、登場人物に焦点を当てて描いたストーリー。これまでより、さらに007ファンに喜んでもらえるだろう」と作品に対する意気込みを語った。

また22代目ボンド・ガールに、新人女優のジェマ・アータートンと映画『パリ、ジュテーム』のオルガ・キュリレンコが抜てきされ、悪役には第80回アカデミー賞にて4部門にノミネートされている映画『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリックが決定している。

なお今年は、ボンドシリーズの原作者であるイアン・フレミングの生誕100周年という記念の年。また前作の映画『007/カジノ・ロワイヤル』では、全世界で興行収入がボンドシリーズ史上最高となる5億9420万ドル(約629億8520万円)をたたき出したこともあり、本作の期待は非常に高まっている。

全米公開は11月7日、日本では2009年の正月に公開が予定されている。

映画『007/クォンタム・オブ・ソラス』(原題)は2009年正月、全国公開


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 1月
  4. 25日
  5. 「007」シリーズ最新作発表!今年は「007」原作者生誕100年!