シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

直撃インタビュー!アカデミー賞有力『ノーカントリー』のハビエルは「おかっぱのヅラに涙目だった!」【第80回アカデミー賞】(1/2)

直撃インタビュー!アカデミー賞有力『ノーカントリー』のハビエルは「おかっぱのヅラに涙目だった!」
とっても仲良し? ジョシュ・ブローリンとハビエル・バルデム - (写真:細木信宏)

 映画『スパイダーマン』のサム・ライミ監督のもとで、編集をやっていたジョエル・コーエンが弟イーサンとコンビを組んで映画制作を始めてから20年以上の月日が流れた。コーエン兄弟は、インディペンデント界で一躍名をはせ、今やハリウッドでも確固たる地位を獲得してきた。そして、いまや今年のアカデミー賞ナンバーワン候補と言われている『ノーカントリー』が注目されている。ストーリーは、テキサスとメキシコを舞台に、あるハンターが発見した現金とヘロインをめぐり、男たちの戦いが繰り広げられる。その熱き男たちを演じたハビエル・バルデムとジョシュ・ブローリンにインタビューした。

-トミー・リー・ジョーンズの警官は、まさにぴったりのキャスティングだと思うのですが、あなたがキャスティングされた経緯を教えてください。

(ジョシュ・ブローリン)わたしがキャスティングされる前に、トミー・リーとハビエルの出演はすでに決まっていて、コーエン兄弟は、わたしの配役が一番簡単に決められると思っていたらしいのですが、数か月しても決まらず、ジョエルの奥さん(フランシス・マクドーマンド)の話では、かなりいらだっていたらしいのです。最終的に、彼らの感覚では、その時点で自分たちの映画を解釈している俳優をとりあえず配役し、俳優に好きなように演じさせるつもりだったんだと思います。そのためか、撮影中は、彼らに動かされている感じがしませんでした。

-原作コーマック・マッカーシーについて研究したり、彼がセットを訪れたりしたことはあったのでしょうか?

(ジョシュ・ブローリン)コーエン兄弟は、この作品の脚色ついて直接コーマックと話をしていなかったので、わたしの方からコーマックに3回電話をしてみたのですが、ちょうどそのとき彼は、シカゴで舞台をやっていて、彼の留守電に「本にあなたのサインが欲しいわけじゃなく、単にあなたと話してみたいだけなんだ」とメッセージを残しました(笑)。後にセットを訪れた彼は、非常に友好的であり、好意的な人物でした。後でわかったのですが、コーエン兄弟が、コーマックにわたしが電話したことを伝えたらしいのです。

-映画内でのセリフが少ないため、どうやってキャラクターを作り込んでいったのでしょうか?

(ハビエル・バルデム)セリフが少なかったのは、ラッキーでしたが、スパニッシュ・アケセントを取り除くのにずいぶん苦労しました。それと、演技の中で沈黙やポーズをとっている瞬間に、観客がキャラクターの心境に入り込めるように演じました。あの特別のヘアーカット(おかっぱ頭)は、トミー・リー・ジョーンスの読んだ本から生まれたもので、売春宿の客をイメージしたものです。始めにほかの人がそのヘアーカット(おかっぱ頭)にトライし、結構よく見えたのですが、自分がトライしたら……笑えませんでした。それに、残り3か月間そのカツラをかぶっていなくてはいけなくて……目がキラキラして見えるのは(泣いていたから)そのせいです(笑)。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 2月
  4. 8日
  5. 直撃インタビュー!アカデミー賞有力『ノーカントリー』のハビエルは「おかっぱのヅラに涙目だった!」