シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ゾンビの父、ジョージ・A・ロメロを直撃!新作にはスティーヴン・キングやタランティーノも!(1/2)

ゾンビの父、ジョージ・A・ロメロを直撃!新作にはスティーヴン・キングやタランティーノも!
ゾンビと言えば、この人! ジョージ・A・ロメロ - (写真:細木信宏)

 ホラー映画の巨匠ジョージ・A・ロメロはゾンビ映画の第一人者で、映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/ゾンビの誕生』でカルト的支持者を形成し、その後映画『ゾンビ』では数々のホラー監督に影響を与えてきた。今回、その大御所ジョージ・A・ロメロの新作映画『ダイアリー・オブ・ザ・デット』(原題)が公開される。本作は、ホラー映画を撮影中の大学生が、世界中で起き始めたゾンビの急増という異変に追われながらもビデオ撮影を続け、映像を生存者へのメッセージとして製作するサバイバル映画。この映画について、彼にニューヨークで話を聞いてみた。

Q:前回監督を務めた映画『ランド・オブ・ザ・デッド』と比較してみていかがですか? それとなぜ本作のテーマに興味を示したのでしょうか?

(ジョージ・A・ロメロ)『ランド・オブ・ザ・デッド』は十分気に入った映画になったが、自分の持つ本来のルーツを失ってしまった感じがしたんだ。そこで自分で「これがわたしの原点じゃないと」自問自答してみたんだ。これからの作品が、これよりもっと巨大なプロダクションになる可能性が見えていたらね。でもわたし自身はそれを望まないし、実際には製作会社のユニバーサルも、わたしが製作したいように指示してくれてはいたんだ。だがかなり酷な撮影で、自分が最初に持っていた構想とは方向性が変わってしまっていてね。そのため、今回はルーツに戻ってみたんだよ。普段わたしは、世間で起きていることをよく監視しながら映画製作を続けてきたが、最近のインターネットでのブログを見ていると、どんな人でも支持者ができてしまうようなことや、ほとんどの人がビデオカメラを持っていて、誰もがリポーターになってしまう危険性があることについて触れてみたくなったんだ。

Q:この映画は『ゾンビ』の現代版であり、あなたは古き良きエッセンスを理解していて、それがうまく表現されているのですが、これは意図的なものなのでしょうか?

(ジョージ・A・ロメロ)老人だから昔の映画が好きだし、自分のテイストも古いものが多いし、映画内のテクニックなんかも古いかもしれない。でも最近観た映画『つぐない』では、何も感じなかったのだが、デヴィッド・リーンの『逢びき』は最後に涙ぐんだのを覚えているよ。今日の映画は、感情を全面に出したものが要求され過ぎると思うんだ。

Q:この映画の続編の製作をするという話を聞いたのですが、そのことについて教えて頂けますか?


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 今度のゾンビは有名人がたくさん from スタローン日記 (2008年10月24日 1時8分)
    一昨日のニュースですが、シネマトゥデイさんによると、自分が大好きでいろんな意味で尊敬してやまないジョージ・A・ロメロ監督が、20年ぶりにインディペンデントで制作した「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」が11月15日から池袋シネマサンシャイン他で全国公開されるという ...[外部サイトの続きを読む]
  • ゾンビ from Patsaks (2008年9月10日 12時51分)
    ジョージ・A・ロメロ監督作品のゾンビシリーズ(「ナイト・オブ・ザ・リビング・デット」、「ゾンビ」、「死霊のえじき」)は、それぞれ出来の良い作品で、ただ怖がらせるだけで、内容の無い物真似作品が多い中で、しっかりとした構成があり、ちゃんとストーリーを楽しめる。 そんな作品の中でも「ゾンビ」は、ジョージ・A・ロメロ監督の集大成と言ってもいいくらい出来のいい作品だ。 舞台はアメリカで、全米で死体(ゾンビ)が人肉を求めうろつき回っている中、ヘリコプタで、ある4人組がゾンビのいないところを求めて脱出をするが ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 2月
  4. 18日
  5. ゾンビの父、ジョージ・A・ロメロを直撃!新作にはスティーヴン・キングやタランティーノも!