シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

首を絞められるシーンで後遺症「ビバヒル」のアンドレア役がプロデューサーを訴える

首を絞められるシーンで後遺症「ビバヒル」のアンドレア役がプロデューサーを訴える
「わたしよ!思い出した?」-アンドレア役のガブリエル・カーテリス - Frank Capri / Getty Images

 テレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」でアンドレアを演じていたガブリエル・カーテリスが、テレビ映画の撮影による後遺症でプロデューサーを訴えた。2006年に出演した「Past Tense」(原題)の首を絞められるシーンで神経を損傷した、とカーテリスはアクセス・ハリウッドのインタビューで語る。「そのすぐ後に顔がゆがみ、左右同時にまばたきができなくなってしまうほどだったわ。周囲もすぐに気が付いたくらいひどかったの。今でもケイレンに苦しんでいる」とカーテリスは言い、身体的に危険な不当なリスクを負わされたとして訴訟を起こしたことを明かした。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 3月
  4. 17日
  5. 首を絞められるシーンで後遺症「ビバヒル」のアンドレア役がプロデューサーを訴える