シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大注目のセクシー俳優『紀元前1万年』のスティーヴンを直撃!素顔は超照れ屋!(1/2)

大注目のセクシー俳優『紀元前1万年』のスティーヴンを直撃!素顔は超照れ屋!
くるくるヘアーがかわいいです。

 G.W.の超目玉作品として公開されるローランド・エメリッヒ監督のアドベンチャー巨編『紀元前1万年』に主演したスティーヴン・ストレイトが来日。ホットでセクシーな俳優としてハリウッドでも一躍脚光を浴びている、22歳の新星に直撃インタビューした。{link text="【関連作品の画像ギャラリーはこちら】" url="http://cinematoday.jp/movie/gallery/T0005869"}

 劇中ずっと走っているといっても過言ではないスティーヴン。「そう、本当にその通り! すごくハードな撮影だった」と苦笑しながら、「冒頭のマンモス狩りのシーンだけでも、ニュージーランドの山の中を何週間も毎日何時間も走ったんだ」と体力勝負の過酷な撮影を振り返った。「でもそのおかげで、紀元前1万年の人間の生活の中に自分がいるという実感が自然と沸いてきて、役作りにはとても役立った」と語る。

 また惜しげもなく披露される鍛え上げられた肉体は、とてもセクシーでワイルドな魅力にあふれている。肉体美を褒めると、「ワォ(笑)、まず……どうもありがとう(笑)。何だか恥ずかしいな(笑)」と照れてみるみる顔が赤くなったスティーヴン。「あの時代は食べるために狩りをして山の中を歩き回るのが通常の生活だから、それが自然に見えるための体をつくるトレーニングを一生懸命やったんだ」と話しながらもやっぱり照れ笑いを浮かべているのだが、その人懐っこい笑顔が、映画の中のワイルドさとはまた違ってとてもチャーミング。この笑顔とがっちりした体のギャップに、女性たちはノックアウトされてしまうに違いない。

 本作は物語の順番通りに撮影をしていったそうだ。ローランド監督は、映画の中でデレーがさまざまな困難を乗り越えて成長していくように、撮影を通してスティーヴンも成長したと語っている。「うん、僕自身も撮影中に自分とデレーを対比させてみたりした。このような大作映画に主演するのは初めてで毎日が挑戦の日々。2大陸3か国(ニュージーランド、南アフリカのケープタウン、ナミビア)で、6か月間ほとんど休みがなかった長期の撮影に加え、映画製作に携わる何千人もの人たちとの出会いを通して、僕も成長できたと思う」と語る顔つきは精悍(せいかん)そのものだった。本作を通して俳優としてだけでなく、人間としても一回り成長したスティーヴン。そんな彼の雄姿をぜひスクリーンで確認してほしい。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 4月
  4. 25日
  5. 大注目のセクシー俳優『紀元前1万年』のスティーヴンを直撃!素顔は超照れ屋!