シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

木村佳乃をエスコートしたのは伊勢谷でなく…あの男性!【第61回カンヌ国際映画祭】

木村佳乃をエスコートしたのは伊勢谷でなく…あの男性!
ジュリアン・ムーア、ガエル・ガルシア・ベルナル、そしてわれらが木村佳乃

 現地時間14日夜、第61回カンヌ国際映画祭のオープニング映画『ブラインドネス』の公式上映がメーン会場で行われ、 日本人キャストの木村佳乃と伊勢谷友介らがレッドカーペットを上がった。 {link text="【関連作品の写真はこちら】" url="http://cinematoday.jp/movie/T0006302"}

 オーソドックスな黒のタキシードで渋くキメた伊勢谷に対し、木村は黒字に金の帯というあでやかな振り袖姿。記者会見では桜模様の着物を着用したが、夜も同様に日本人の心を意識し、柄はお祝いごとのときに着る“宝尽くし”をチョイスしたという。しかしレッドカーペットでは、日本のマスコミの目を意識してか、木村と伊勢谷のツーショットは残念ながら見られず。代わりに木村をエスコートしたのは、メキシコ人俳優ガエル・ガルシア・ベルナルだった。

 実はガエルは、日本人女優にとってラッキーボーイ。2006年のカンヌ国際映画祭で、映画『バベル』のレッドカーペットにて菊地凛子をエスコートした。その当時海外メディアからは「ガエルの隣にいる東洋人はダレ?」という扱いだった菊地だが、その後アカデミー賞助演女優賞にノミネートされるまで駆け上がっていったのは、周知の事実だ。

 レッドカーペットを歩いた感想について、木村は「すごく緊張して何も覚えてないです。完全に固まってました。でもガエルが気遣いながらエスコートしてくれて、安心して楽しむことができました」と早速ラッキーボーイ効果を体感した様子だ。もっとも「(観客や上映アナウンスの人に)ずっと『ヨシモ、ヨシモ』とか、『ルーシー』って呼ばれていたんですよ(笑)。多分ルーシー・リューと間違えているのでしょうね。似ているのかな(笑)」というオチを付けてくれた。

 一方映画『DISTANCE/ディスタンス』に続いて、レッドカーペットを歩くのは2度目となる伊勢谷は、上映後のスタンディングオベーションに興奮したようで「皆で抱き合って喜びました。フェルナンド(・メイレレス)は本当に素晴らしい監督で、僕もあんな風になりたい。次は僕も監督をやりたいですね」と大興奮していた。(取材・文:中山治美)

映画『ブラインドネス』は11月、全国公開
オフィシャルサイト <http://blindness.gyao.jp/>

{link text="【関連記事】第61回カンヌ国際映画祭コンペ22作品"url="http://cinematoday.jp/page/A0001733"}
{link text="【関連記事】ウワサの二人が堂々とカンヌに登場!木村佳乃に伊勢谷がナイスフォローを!【第61回カンヌ国際映画祭】" url="http://cinematoday.jp/page/N0013805"}
{link text="【関連記事】カンヌ映画祭、会見でショーン・ペンや仏女優がタバコに次々と着火!【第61回カンヌ国際映画祭】" url="http://cinematoday.jp/page/N0013808"}


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 5月
  4. 15日
  5. 木村佳乃をエスコートしたのは伊勢谷でなく…あの男性!