シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大の大人がお下劣すぎる…!着ボイスならぬ下ボイス配信中の「テネイシャスD」

大の大人がお下劣すぎる…!着ボイスならぬ下ボイス配信中の「テネイシャスD」
ラブ、ミュージック!ラブ、シモネタ! - (C) MMVI NEW LINE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED

 ジャック・ブラックとカイル・ガス率いるバンド「テネイシャスD」の主演作映画『テネイシャスD 運命のピックを探せ!』のシモネタ満載劇中セリフが着ボイスとして、公式モバイルサイトで配信されていることがわかった。

 本作は、ロックをこよなく愛するJB(ジャック)が無職のロックスターKG(カイル)と出会い、ザ・ビートルズやローリング・ストーンズらも手にしたという伝説のピックを求めて冒険を繰り広げるという爆笑コメディだ。

 公式モバイルサイトで配信される劇中セリフの例を挙げると「Sweet baby!!」や「Use the cock」など。英語で表記されるとたいしたセリフではないように思えるのだが、これを翻訳すると「ち○こが~!」「ち○こを使え!」と大のおじさんたちが放つとは思えない単語が連発されていることがわかる。ソフトなセリフでも「こちらKG。あとはわかるだろう?」などセクハラな雰囲気を漂わすもので、どれだけ本編がシモネタに彩られているのかがわかる着ボイスとなっている。

 ここまでシモネタが多すぎると「テネイシャスD」というバンドに怒りを覚えてしまう人もいるかも知れないが、彼らの演奏と生み出す曲は完璧で、元ニルヴァーナのメンバーでありフー・ファイターズのデイヴ・グロールに「彼らこそポスト・ニルヴァーナ!」と言わしめるほどの実力と迫力を持っている。曲のタイトルも歌詞もシモネタがほとんどなのだが、英語を理解しないで聞くと不思議とうっとり聞き入ってしまうのだから彼らの腕と才能は本物といえるだろう。

 この衝撃の劇中セリフをダウンロードして着ボイスならぬシモ・ボイスにするのは個人の自由だが、外出の際はいちいち携帯電話をマナーモードにしたかどうかを確認する作業が必要になってくるのは間違いないだろう。公式モバイルサイトでは今後も劇中セリフを配信していくとのことだ。

映画『テネイシャスD 運命のピックをさがせ!』は、7月シネクイントほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 6月
  4. 10日
  5. 大の大人がお下劣すぎる…!着ボイスならぬ下ボイス配信中の「テネイシャスD」