シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ウイルスではありません!ブログパーツで起きる“ハプニング”とは?

ウイルスではありません!ブログパーツで起きる“ハプニング”とは?
ブ、ブログが……。『ハプニング』より。 - (C)2008 TWENTIETH CENTURY FOX

 ディザスター・サスペンス映画『ハプニング』で、世界中の観客をまたまた驚かせているM・ナイト・シャマラン監督だが、彼が生み出す作品以上に衝撃的なブログパーツが『ハプニング』オフィシャルサイトでゲットできる。

 押すと何かが起こるという“ハプニング・ブログパーツ”。それはオフィシャルサイトで指定されたコードを自身のブログに貼り付け、ボタンをクリックするだけで本作で巻き起こる異変がそのままパソコンの画面上で起こってしまうというもの。一瞬、何が起きたのかわからず、あるパソコンウイルスと同種の動きをするので気を抜いて実行するとド度肝を抜かれること間違いない。

 もちろん元の状態には戻るが、こつこつと日記を更新し、友だちや新たな出会いを運んでくれた自分のブログが、目の前で無残な姿に陥っていくのは、まさにハプニングだ。そして本作が公開される26日には、さらなる衝撃が待っているという。

 また17日のジャパンプレミア開催に伴い、シャマラン監督の来日が決定。全世界で一般試写を行わず、極秘体制を貫いてきた謎多き本作がついに日本でお披露目となる。詳細は未定だが、当日はシャマラン監督作品に負けずとも劣らないハプニング・イベントも予定されるとのことだ。

 『ハプニング』は、見えない驚異に翻弄(ほんろう)される人類の終末を描いた衝撃の作品。アメリカ全土からミツバチの姿が消えたことを皮切りに、一つの悲鳴から日常が狂っていく姿がシャマラン監督独自の世界観で描かれていく。

映画『ハプニング』は7月26日より日劇3ほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ハプニング」を観る from 紫@試写会マニア (2008年7月19日 13時40分)
    M・ナイト・シャマラン監督作品「ハプニング」を観てきました。 この監督作品は何かと物議を醸し出す事で有名ですが、ジャパン・プレミアで拝見した彼は、スラリとしたハンサムな紳士でした。 本人に会って(見て)持った個人的な見解ですが、インドの裕福インテリ出身(頭いい!数学得意!お金持ち!・・・と思う)な彼、「泥水を飲むような苦労」はしていないのでしょうから、その昔の「大学相撲部出身の力士はハングリーではない」的な発想で、ベタベタな、普通もしくは奇をてらったエンディングは彼の辞書にはありえないのではないか、と。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • シャマラン監督最新作「ハプニング」のにうす from Cinema*Eyes log (2008年7月4日 13時40分)
    M・ナイト・シャマラン監督。 レディ・イン・ザ・ウォーター以外の作品は 好きです。 幼い頃から誰もが抱いている、闇に対する恐怖や 幽霊、災害に対する恐怖、そして異性人に対する恐怖。 ありとあらゆる恐怖を描き出した脚本はすごいと思う。 なので、このハプニングは期待してます。 ブログパーツがおもしろそうだったので 貼っちゃいます。うひひ。最近、パーツ好き。 ちなみに、ウィルスじゃないよ。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 4日
  5. ウイルスではありません!ブログパーツで起きる“ハプニング”とは?