シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

水川あさみ、刺激的な男性との出会いを告白!

水川あさみ、刺激的な男性との出会いを告白!
左から、阪本順治監督、藤原竜也、水川あさみ

 5日、丸の内TOEI2で映画『カメレオン』の初日舞台あいさつが行われ、主演の藤原竜也、水川あさみ、そして阪本順治監督が登壇した。

 現在テレビドラマ「ラスト・フレンズ」での好演はもちろん、バラエティー番組で明るい素顔を披露し、人気急上昇中の水川は共演した藤原について「本当にストイックで、すごい集中力を持つ人。たくさんの(演技の)引き出しが開いていくのをそばで見るのは、とても刺激的だった」とコメント。これには劇中で本性を隠したカメレオンのような男を演じた藤原も、思わず照れ笑いで「水川さんが僕を解放してくれた。あれはできない、これはイヤっていう女優さんもいますからね……」と語っていた。

 一方そんな2人を演出した阪本監督は、この日なぜか自虐的で、女性ファンが埋め尽くす客席を見て「普段僕の映画は、友だちがいない人が集まるんだけど」とコメントしたほか、「これが『相棒』くらいヒットすれば続編もあるかもしれません。でもキャストは続投で、監督は変わっているかも(笑)」と主演2人をも黙らせる後ろ向きな(?)姿勢だった。

 『カメレオン』は30年前に故松田優作のために書かれた脚本「カメレオン座の男」をベースにしたクライム・アクション。仲間を殺された詐欺師・伍朗(藤原)の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描いている。

映画『カメレオン』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 阪本順治 カメレオン 藤原竜也 丸山昇一 from ヘレスとお茶 Jerez and Tea (2008年7月16日 14時8分)
    自分自身が80年代に帰った気分がしました 丸山昇一が暴れまくっていたころにです 冒頭の辻占いとの絡みシーンから すでに丸山ワールド爆発でした 臭くて、それのどこがいけないって感じの 痛快な台詞 淋しくて痛い、男達、女達がいる劇が 丸山昇一の台詞でさらに強調されます 阪本さんは本を結構そのまま使ったのでは ないでしょうか 恐ろしいくらいのハードボイルドになりました 村川透でもなく、 阪本映画に新しいエンターテーメントが生まれた気がしました 例えば、トカレフは最高でしたが それとも違う、痛快なアク ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 7日
  5. 水川あさみ、刺激的な男性との出会いを告白!