シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

祝・初日&バースデーの堤真一、特製“号外ケーキ”にウキウキ!

祝・初日&バースデーの堤真一、特製“号外ケーキ”にウキウキ!
特製ケーキを前にほほ笑む堺雅人と堤真一

 5日、丸の内TOEI1にて映画『クライマーズ・ハイ』が初日を迎え、主演の堤真一、堺雅人、高嶋政宏、尾野真千子、でんでん、マギーらメインキャストと原田眞人監督が舞台あいさつに顔をそろえた。

 ちょうど1年前の7月5日にクランクインし、この日公開初日を迎えたことに「因縁のようなものを感じる」と感慨深げな原田監督、実は2日前の7月3日が誕生日。さらに堤が2日後の7月7日生まれということで、お祝いムードを盛り上げるべくステージ上には「クライマーズ・ハイ 大ヒットスタート!!」の見出しを冠した新聞紙実物大の特製“号外ケーキ”も登場した。

 1年前はロケ地の前橋で祝ってもらったものの、撮影を控えそれどころではない雰囲気だったが、「今日は羽目を外せそう」と笑顔を見せた堤。早速ケーキのクリームと悪戦苦闘するおちゃめな姿を披露し、笑いを誘った。また、舞台となった新聞社編集局での臨場感あふれる映像については「本当の意味でリアルなドキュメンタリーでした」と何があろうとノンストップの1シーン1カットの撮影に50人もの俳優たちが挑んだことを明かした。そんな緊張を強いるシーンを見事に演出した原田監督は、リハーサルを丹念に重ねて本番に臨み、「誰かがセリフをとちるんじゃないかと、僕は手に汗握っていただけ」と現場を振り返った。

 未曾有の航空機墜落事故を追う地方紙の記者たちの真剣勝負を描く中で、堤演じる主人公・悠木和雅が命じられた全権デスクという役割に、映画監督の仕事を重ねた原田監督。映画づくりの現場とはこういうものなんだという気持ちで作ったからこそ「持っている以上の力が出て、それをスタッフ・キャストが全部くみ上げてくれて、それぞれがベストなものを残してくれた素晴らしい作品になったと思います」と満足のいく映画に仕上がった自信をうかがわせた。

映画『クライマーズ・ハイ』は丸の内TOEI1ほかにて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • クライマーズ・ハイ from 風我 (2008年7月29日 23時4分)
    命を追った、あの夏。 1985年8月12日群馬県御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 原作 横山秀夫、監督 原田眞人で描く、命を追った記者たちの激動の一週間。 クライマーズ・ハイ=登山時に興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態。 その日、北関東.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クライマーズ・ハイ」あの夏の記憶が、甦る…。 from シネマ親父の“日々是妄言” (2008年7月7日 21時14分)
    記事投稿日2008年6月26日 00:40 ※投稿日時を、上映開始日に設定。上映開始後1週間維持。  ベストセラー作家・横山秀夫原作小説の映画化。「クライマーズ・ハイ」(東映/ギャガ・コミュニケーションズ)。1985年夏に起きた、“日航機墜落事故”。この映画は、その事故に正面からぶつかっていった、地元地方新聞社の“戦い”を描いています。  悠木和雅(堤 真一)は、亡き親友の息子・安西燐太郎(小澤 征悦)と共に、谷川岳・一の倉沢の“衝立岩”の登攀にアタックしていた。それは、親友だった燐 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 7日
  5. 祝・初日&バースデーの堤真一、特製“号外ケーキ”にウキウキ!