シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

妖艶な国際的イベント!新宿でレズビアンとゲイの国際映画祭が開催!

妖艶な国際的イベント!新宿でレズビアンとゲイの国際映画祭が開催!
妖艶な登壇者

 11日、新宿バルト9にて、第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭が開幕、華やかなオープニングイベントやトークセッションが行われた。

 当日の会場はほぼ満席で、熱気あふれる雰囲気。やがて会場が暗転し、客席の後ろから、鍛え抜かれたボディーの男性2人がライトセーバーを手に登場し、妖艶に踊りながら舞台へ向かっていった。次いで、ド派手なドレス姿の司会者・マーガレットが現れ、「この映画祭は今年でもう17回目。人間で17歳っていうとやりたい放題(笑)。ということで、やりたい放題やらせていただきま~す!」と宣言し、ハイテンションなトークを繰り広げた。

 その後オープニング作のアメリカ映画『シェイクスピアと僕の夢』を上映。終了後に監督のトーマス・ガスタフソンとプロデューサーのコーリー・J・クルークバーグが登壇し、トークセッションを行った。同作はシェイクスピアの「真夏の夜の夢」をモチーフにしたミュージカル。主演の高校生ゲイカップルを演じる青年2人は、日本人好みの超美形だ。監督はキャスティングの際、当初ハリウッドのビッグスターにオファーしたが、「ゲイの役はやりたくない」と断られてしまったそう。結果、「自分で素晴らしい新人を発掘出来た」と満足げに語った。

 自身もゲイであり、そのために少年時代に苦労した経験が作品に反映されている、とも語る監督。そんな監督やプロデューサーに、「映画祭のスタッフはちゃんと部屋にダブルベッドを用意した?」などユーモラスな質問や突っ込みを入れ、会場を笑いで包むマーガレット。その率直なトークと強烈な存在感で、終始場を盛り上げまくっていた。

 第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭は、新宿バルト9にて7月11~13日、青山スパイラルホールにて7月17~21日にかけて開催。アカデミー賞受賞のドキュメンタリーや、カンヌ映画祭コンペ部門に出品された作品など、17か国から選び抜かれた映画が上映される。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 12日
  5. 妖艶な国際的イベント!新宿でレズビアンとゲイの国際映画祭が開催!