シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブラッド・ピットが地元新聞を配慮、病院に招き入れて独占スクープ

ブラッド・ピットが地元新聞を配慮、病院に招き入れて独占スクープ
ブランジェリーナ

 アンジェリーナ・ジョリーの出産に関するさまざまな誤報が飛び交う中、双子誕生を最初に報道したのは地元紙ニース・マタンだった。これはブラッド・ピットの配慮によるものだったとWENNが伝えた。地元紙に敬意を表したアンジーとブラッドは、ニース・マタン紙のベテラン・レポーターを病院内に入れ、サスマン医師と話すことも許可したという。また手術室に入る30分前には、帝王切開になることも伝えたとのこと。このおかげで、ニース・マタン紙は出産から約3時間後にサスマン医師と話をすることができ、子どもの名前、体重、性別などの情報を正確に入手。現地午前2時に独占スクープで発表が可能となったわけだ。

 ニース・マタン紙はセレブ情報は掲載するものの、プライバシーを重視することを誇りにしているという。「われわれは、この地方に住むセレブに対し、穏やかな生活を送ってもらえるよう、パパラッチ行為には参加しないことにしています。ブラッドとアンジーが当紙にこのような贈り物をしてくれたのはその姿勢からだと思います」と編集者の一人は語っている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 15日
  5. ブラッド・ピットが地元新聞を配慮、病院に招き入れて独占スクープ