シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

サフロン・バロウズ、「ボストン・リーガル」を降板

サフロン・バロウズ、「ボストン・リーガル」を降板
サフロン・バロウズ - John Shearer / wireimage.com

 テレビドラマ「ボストン・リーガル」で弁護士ロレーンを演じているサフロン・バロウズが、ほかの番組に出演するため途中降板することになった。サフロンは、クリスチャン・スレイター主演の新テレビドラマ「My Own Worst Enemy」(原題)の脚本が気に入り、途中降板を申し出たとのこと。「この新ドラマの脚本にほれこんでしまったの。プロデューサーたちは気持ち良く了承してくれたわ」とサフロンは語る。

 「ボストン・リーガル」は次のシーズンで終了することが発表されており、クリエイターのデヴィッド・E・ケリーが最後のシーズンの脚本を手掛ける予定とのこと。「My Own Worst Enemy」(原題)は、工作員とマイホームパパというニつの顔を持つ二重人格者のストーリーで、サフロンは医者を演じることが決まっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 8月
  4. 8日
  5. サフロン・バロウズ、「ボストン・リーガル」を降板