シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

エリザ・ドゥシュク、「私、鹿を殺したの」発言で動物愛護運動家たちが激怒

エリザ・ドゥシュク、「私、鹿を殺したの」発言で動物愛護運動家たちが激怒
困ったちゃんです。-エリザ・ドゥシュク- - Stephen Lovekin / Getty Images

 テレビドラマ「バフィー ~恋する十字架」「TRU CALLING トゥルー・コーリング」のエリザ・ドゥシュクが不用意な発言で動物愛護運動家を怒らせてしまった。エリザは深夜のトークショーに出演した際に弓矢の腕を披露。昨年のクリスマスには鹿を殺したことを誇らしげに語り、「バフィー ~恋する十字架」のクリエイターであるジョス・ウェドンの新作「ドールハウス」(原題)への出演が決定したときにはコロラド州でヘラジカ狩りをしていた最中だったことを明かした。

 「番組でバンパイアを狩るのは勇気のいることですが、すみかや子育てをしている場所で罪のない動物を狩るのはひきょうで残酷です」と動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)はコメントし、アメリカ人の95%は狩猟に反対しているのに、エリザは世論を理解していないと付け加えている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 8月
  4. 19日
  5. エリザ・ドゥシュク、「私、鹿を殺したの」発言で動物愛護運動家たちが激怒