シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

シーナ&ロケッツの鮎川、「自信がないので嫌だ」と言ったけど…

シーナ&ロケッツの鮎川、「自信がないので嫌だ」と言ったけど…
末永くこの映画を愛してください!(写真左から:中村監督と鮎川誠)

 13日、恵比寿ガーデンシネマにて『ジャージの二人』のトークショーが行われ、主演の鮎川誠と中村義洋監督が撮影当時の様子などを語った。

 鮎川といえば、シーナ&ロケッツのリーダーであることからミュージシャンとして知られている。その鮎川が堺雅人の父親役という大役に抜てきされた。そのことについて中村監督は「最初はまったく鮎川さんは念頭になかったんです。でもふと考えてみたら、ぴったりなんじゃないかと思いオファーしました」とキャスティング秘話を語った。

 それに対し鮎川は「自信がないので嫌だ」と一度断っていたという。しかし、無事映画が公開され、ヒットした今となっては「監督に強引にくどいてもらって良かった。キャストとスタッフが一丸となって作品に向き合っている姿は素晴らしかった」と映画出演を果たしたことに大満足している様子だった。

 『ジャージの二人』は堺と鮎川演じる、どこかくせのある親子が、ジャージ姿で夏を過ごす様子を描いたスローなヒューマンドラマ。演技力に定評のある堺もさることながら、鮎川の圧倒的な存在感が光る注目作だ。

映画『ジャージの二人』は恵比寿ガーデンシネマほかにて全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 8月
  4. 14日
  5. シーナ&ロケッツの鮎川、「自信がないので嫌だ」と言ったけど…