シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

IKKO、ウエディングドレスでお嫁入り?でも10kgのドレスの重みで男に戻っちゃった!

IKKO、ウエディングドレスでお嫁入り?でも10kgのドレスの重みで男に戻っちゃった!
見事なファーのウエディングドレスを身にまとうIKKO

 2日、映画『セックス・アンド・ザ・シティ』(通称『SATC』)の爆発的な大ヒットを記念して、ヘアメークアーティストIKKOのトークショーイベントがザ・リッツ・カールトン東京のチャペルで開催された。この日IKKOは、何とウエディングドレスで登場! まさにIKKOの結婚式のような雰囲気の中で、きらびやかな純白のウエディング姿に息をのみながらのトークショーが行われた。

 IKKOは『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリー・ブラッドショーを見習い、バージンロードでご自慢の足を披露しながら大胆に歩いた。この日のウエディングドレスはファーのショールを20枚重ねてIKKO風にアレンジしたもの。肩や背中、そして足が大胆に露出したドレスに真珠を合わせ、まさにゴージャスそのもの。ウン千万円したともいわれているドレスの費用は、残念ながら公表されなかった。「昨日徹夜をして、このイベントのために作りました。10kgもあるので、バージンロードで一回転する予定が半回転になっちゃいました」とちゃめっ気たっぷりな笑顔を振りまいていた。「パートナーには、ウエディングドレス姿を見せましたか?」との質問には、「昨日は、時間との戦いで男に戻っちゃったから、そんな顔は『どんだけ~』なの。でも明日はこの姿を見てくれるはず」とIKKO節がさく裂した。
 
 映画の登場人物では誰に共感するのかとの問いには、「ストレートで、大胆で、男が好きでもいやらしく感じないし、包み隠さずに生きていることがいい」とサマンサ・ジョーンズがお気に入りだと話した。

 『セックス・アンド・ザ・シティ』は、世界30か国で初登場第一位を獲得した超話題作。日本では、公開1週間で50万人を動員した爆発的なヒットを記録している。

映画『セックス・アンド・ザ・シティ』は日劇3ほか全国東宝洋画系にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 9月
  4. 3日
  5. IKKO、ウエディングドレスでお嫁入り?でも10kgのドレスの重みで男に戻っちゃった!