「SATC」続編ドラマ、新キャラクターのうち3人は非白人系

映画『セックス・アンド・ザ・シティ』より。新作ではこの3人と新キャラたちの絡みが楽しみ!
映画『セックス・アンド・ザ・シティ』より。新作ではこの3人と新キャラたちの絡みが楽しみ! - New Line Cinema / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ニューヨークに住む女性たちの恋愛事情を赤裸々に描き、世界中で大ヒットしたドラマ「SEX AND THE CITY」(セックス・アンド・ザ・シティ)のリバイバル新作ドラマ「アンド・ジャスト・ライク・ザット…(原題) / And Just Like That...」で、新たにレギュラーとなる3人の女性キャラクターについて、TV Lineが報じた。

【写真】双子の娘たちと!サラ・ジェシカ・パーカー

 全10話の限定シリーズとしてHBO Maxで配信される「アンド・ジャスト・ライク・ザット…(原題) / And Just Like That...」では、引き続きニューヨークを舞台に、30代から50代になり、より複雑になったキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)、ミランダ(シンシア・ニクソン)、シャーロット(クリスティン・デイヴィス)の人生と友情が描かれる。主演の3人は、製作総指揮も兼任、サマンサ役のキム・キャトラルは復帰しないことが発表済みだ。

[PR]

 今回明らかになったのは、少なくとも6人以上の新キャラクターが登場すること、そしてそのうち3人のキャストは白人系ではない女性になるということだ。現段階では具体的な俳優名などは明らかになっていないが、本作は脚本チームを白人系ではないライターで構成しており、今日のリアルなニューヨークの姿を映しだすべく、多様性を強く意識した製作が進められていることから、キャスティングにも反映されていると伝えられている。

 なお、配信の開始時期などはまだ発表されていない。(編集部・浅野麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]